ニキビができる様々な原因とは!?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『ニキビができる様々な原因について』をご紹介させて頂きます。
ニキビは青春の象徴」などと言われますが、顔にできるブツブツは気持ちのいいものではありません。思春期にも、大人になってからも、ニキビに悩まされる人は多いのではないでしょうか。なぜニキビは発生するのでしょう。ニキビの原因についてまとめてみました。

■思春期のニキビの場合

思春期には、男性も女性も男性ホルモンが急に増える時期です。その影響で、皮脂の分泌が活発になります。メイクをしなくても、思春期のときに運動の後には洗顔フォームを使い始めたという人も多いのでははいでしょうか。「顔のベタベタが気になる…」というのは、実は皮脂の分泌が活発になっていたからなのですね。活発になっている皮脂の分泌量は、必要以上のものですので、そのままにしておくと毛穴が詰まってしまい、特に、生理前などはニキビができやすい状況となってしまいます。

■大人ニキビの場合

20歳を越えると少しずつホルモンバランスも安定し始め、必要以上の皮脂が分泌されることも少なくなります。それでも、大人になってからのニキビに悩まされている、という人も多くいらっしゃるでしょう。大人になってからのニキビの原因は、原因が多岐に渡ります。単にニキビができやすいお肌の状態をチェックするだけ、というようにはいきません。いったい、何が原因でニキビができやすいお肌になっているのか、という検証が必要になってくるのです。
ニキビ

生活習慣によるホルモンの乱れと栄養のバランス

大人ニキビの原因の一つとされているのが、生活習慣の乱れです。社会人となり働き始めると、どうしても学生の頃のように規則正しい生活を送ることが難しくなってきます。お仕事のシフトもあるでしょうし、お仕事が終わってからもお付き合いや習い事などで夜更かしをする機会が増えてくるからです。気がついたときには、睡眠不足が当たり前…というような状況になっていないでしょうか。睡眠不足によって、エストロゲンとプロゲステロンいう女性ホルモンが乱れてしまいます。それぞれ、お肌の潤いを保つ働きと、皮脂の分泌を促進してくれる働きを持っているのです。ところが、睡眠不足によりこれらのホルモンバランスが乱れ、お肌の環境が正常では無くなってしまい、ニキビができやすい環境になってしまいます。同じように、食生活の乱れもニキビのできやすい環境を作る原因の一つです。外食ばかりが続いて栄養バランスが乱れると、ニキビ予防に必要なビタミンやミネラルがどうしても不足しがちになってしまいます。お肌の正常な機能を維持するためには、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。ニキビでお悩みの方は、外食の回数や普段の食生活を見直してみましょう。

毛穴が詰まってしまうメイク汚れ

女性の場合、メイクは身だしなみの一つとして欠かすことができません。忙しい毎日を送っているうちに、ついクレンジングがおろそかになってしまったり、メイクをしたまま寝てしまう…ということがあるのではないでしょうか。メイクをしっかり落とさないと、残ったメイクが毛穴をふさいでしまい、大人ニキビの原因となるのです。だからといって、洗顔の際にクレンジング料や洗顔料で強くお肌を擦ってはいけません。お肌はとてもデリケートな部分ですので、思っている以上に手の摩擦によるダメージを受けるものです。また、必要以上にお肌の皮脂を取ってしまうこととなります。皮脂が少なくなると乾燥を招きやすくなり、こうした状態もまたニキビができやすい環境となっているのです。丹念に洗顔をすることは大切ですが、適度な回数と手順を守りましょう。

まとめ
一口にニキビといっても、その原因は単にお肌の状態だけではありません。生活全般に渡って原因が隠されています。頻繁にニキビに悩まされている人は、一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る