女性に多いドライアイ「脂(あぶら)不足」が原因か?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『ドライアイについて』をご紹介させて頂きます。

ドライアイはてっきり「涙不足」だと思っていた。ところが、日本経済新聞電子版の記事「女性に多いドライアイ」(2016年1月24日)によると、「涙不足」より深刻なのは、「脂(あぶら)不足」によるドライアイなのだそうだ。
ドライアイの原因とともに、「目」「まぶた」「涙」の役割やメカニズムもみてみよう。

ドライアイ

ドライアイの原因

ドライアイの原因が「脂不足」であることが知られていないのは当然で、最近の研究でようやく分かってきたことだそう。まず基本知識として押さえておきたいのは、「涙の成分」は「水」と「脂」であるということだ。「涙の水」のことを「涙液」と呼ぶ。

ドライアイは、次の3つの原因で生じる。
①涙液が蒸発しすぎる
②涙液の分泌が減る
③①と②が同時に起きる
そして、最近の研究で分かったのは、①のタイプが圧倒的に多いということだった。つまり、涙液は正常通り出ているのに、蒸発が進みすぎてドライアイになるのだ。

ドライアイの人を調査した結果、①が50%、②が14%、③が36%となった。涙液の蒸発にかかわるケースが、実に86%にものぼった。

蒸発が進みすぎてしまうのは、涙の成分のひとつ「脂」が減っているからだ。涙の成分である涙液と脂は、混ざり合っているのではなく、層を形成して分離している。涙液の層が瞳に接し、脂の層が外側を覆っている。
つまり、涙液の層の上を、脂の膜が覆っている構造なので、涙液の蒸発を脂の層が防いでいるのだ。通常は、涙液は簡単には蒸発しない。動物実験では、涙の中の脂を除去したところ、通常より20倍も蒸発が速かったという。

では、涙液と脂はどこから出てくるかというと、まぶたの奥に「貯蔵タンク」のようなものがある。「涙液の貯蔵タンク」と「脂の貯蔵タンク」は完全に分かれている。いずれの「著貯蔵タンク」にも「管」が通っていて、その管は、まぶたの裏に出口がある。つまり、まぶたの裏の出口から、涙液、または、脂が出てきて、瞳を潤す仕組みだ。

「管」には名前が付けられていて、「脂」を瞳に送る管を「マイボーム腺」、涙液を瞳に送る管を「涙腺」と呼ぶ。マイボーム腺は、上下のまぶたに計60本ほど通っている。涙の蒸発が速くなってしまうのは、マイボーム腺が異常をきたし、脂が出てこなくなるからだ。

このマイボーム腺が短くなったり、埋没してしまったりする。マイボーム腺の異常を起こす原因は3つある。ひとつ目は、「交感神経」がたかぶることだ。マイボーム腺は、「副交感神経」によって正常に保たれている。ところが「交感神経」がたかぶると、「副交感神経」は「仕事」をしなくなるので、マイボーム腺も働きが悪くなるというわけだ。

2つ目は、目の酷使だ。数10年前までは「目に悪いもの」といえば、テレビだけだった。ところが現代は、テレビに加え、パソコンやスマホ、ゲーム機など、動画を見る機会が格段に増えた。目の疲れが、マイボーム腺を障害していると考えられる。
さらに、コンタクトレンズの普及も、涙液蒸発型ドライアイに影響している。まぶたの裏と瞳の間に入れるコンタクトレンズは、絶えず、マイボーム腺の出口をふさいでいる状態だ。こうした物理的な刺激が、マイボーム腺を傷つけ、脂の供給量を減らしているのだ。

ドライアイの原因の3つ目が、性ホルモンの影響とされている。マイボーム腺は、男性ホルモンが多いと、働きがよくなる。つまり、元々、女性の方がドライアイになりやすい体質といえる。特に閉経後は、女性ホルモンも男性ホルモンも減るので、さらにドライアイになりやすい。

ドライアイ

ドライアイのチェックリスト

ドライアイの診断には、目の乾きに加え、目の疲れも重要な症状となる。実際の診察では、涙液の量や、涙の成分、瞳の表面の荒れ具合も見る。
最後に「ドライアイかも?チェックリスト」を紹介する。
□目の乾き
□朝、目が開かない
□目の疲労感
□目の充血
□目がしょぼしょぼする
□目がひりひりする
□夕方から夜にかけて見えにくい
□昼の日光がまぶしい
医療機関を受診したとき、このチェックリストを医師に見せるとよいだろう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る