がんの見える化を拡大したPET・MRI

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は「がんの見える化を拡大したPET・MRI」をご紹介させて頂きます。

「がんで死ぬのはもったいない」この言葉を使える機会が、また増えそうな気がした。PET・MRIという、最新のがん画像診断装置が実用化され、がんの発病を心配する人が検査機関に殺到しているという。
2016年1月の産業新聞が、「がん早期発見、1センチの壁崩すPET・MRI」という記事で紹介している。
がん治療

がん治療において

がん治療において、「1センチ」にこれほどの意味があることに驚いた。「1.5センチ」で発見されるがんと、「1センチ」で発見されるがんでは、治療開始から5年後の生存率が段違いなのだそうだ。それは、1センチから1.5センチに、わずか5ミリ大きくなっただけで、がんの増殖するスピードが格段に速くなるからだ。
PET・MRIは、1センチ以下のがんを見つけるという。

健康に意識が高い人は既に、「がん」と聞いてすぐに「死の病」を想像する人は少ないのではないだろうか。多くの人は「がん」と聞いても冷静に、「転移は?」「臓器は?」「医者はなんと言っている?」といった疑問が浮かぶだろう。それくらい、がんの治療は進歩しているし、最新治療はすぐにテレビや新聞で大きく紹介される。
そういった「がん教育」を受けている人であれば、がん患者から「初期の胃がんだった。内視鏡で切り取って終わり。抗がん剤も使わないで済んだ」と聞かされれば、心配は吹き飛ぶ。つまり、「治るがん」が存在することは、共通認識になりつつあるといっていい。

がん治療

PET・MRIとは

PET・MRIは、文字通り、PETとMRIをくっつけた装置だ。いずれの画像診断装置も、単体で、がん検査で使われてきた。
PETは、患者に「がんのエサ」となるある薬剤を投与し、がんが「エサを食べた」ところを、特殊なカメラで撮影する仕組みだ。特殊なカメラは「エサ」だけを映し出すのだが、「エサがある所」=「がんのある場所」となるので、がんの居場所が分かる。
MRIは磁気を使って、人を輪切りに撮影していく検査機器だ。つまり凸や凹があれば、その形で撮影されるので、ひと目でがんと分かる。
ただ、PETには「がんのおおまかな場所は分かるが、詳しい場所を特定できない」という欠点があり、MRIには「映し出されないがんがある」というデメリットがある。そこで、両者の機能を補完し合い、高性能に仕上げたのが、PET・MRIというわけだ。

ここでひとつ疑問が湧く。MRIと同じように、人を輪切りに撮影していく機器に、CTがあるではないか、と。その通り、CTとPETを組み合わせたPET・CTは存在する。
しかもPET ・CTの登場は、PET・MRIの登場より5年ほど早い2005年ごろだ。がん発見の能力では、X線だけによる検査より4倍も高いという。すごい数字だ。
しかしPET・CTには、「時間のずれ」という欠点があった。画像診断装置をものすごく簡単に説明すると「カメラ」だ。だからPETもCTも「カメラ」である。PET・CTは一体の機器なのだが、PET部分とCT部分が、別々に「撮影」する。つまり実際の検査では、「2枚の写真」ができ、それを重ねあわせて「1枚の写真」にするのだ。医師が見るのは、この「2枚を重ねた1枚」である。
これだと大腸など、患者の意識とは関係なく動いてしまう臓器を撮影するときに「ずれ」が生じてしまうことになる。PETで撮影したときには「ここ」にあったのに、CTで撮影したときには「あそこ」にあった、ということだ。よって、「もっと正確な検査機器を」という要望が生まれることになる。

また、CTは被ばくのリスクがある。そこで今度は、PETと、放射線を使わないMRIを組み合わせて、しかもPETの撮影とMRIの撮影を同時に行うことにした。「時間のずれ」による「がんの位置のずれ」を克服したのだ。
PET・MRIは、メーカー希望小売価格53億円もする。しかし、病院などからの問い合わせはひっきりなしという。また、既にPET・MRIを導入した検査施設は、キャンセル待ちが出るほどの人気ぶりだ。
PET・MRIを使っている医師によると、この機器が活躍できる検査は、脳、骨盤、脊髄、乳腺だそうだ。胃や十二指腸、大腸のがんは、内視鏡の技術が発達したお蔭で、医師が自分の目で直接がんを見て発見できるようになった。しかし、脳や骨盤などを肉眼で見ることは、事実上不可能だ。

がん治療

画像診断装置の歴史は、「病気の見える化」の拡大の歴史でもある。PET・MRIの実用化は、これまで早期発見が難しかったがんの治療に、光明が差したといえそうだ。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る