保育園や幼稚園での集団感染もある! 「疥癬」について

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『保育園や幼稚園での集団感染もある! 「疥癬(かいせん)」について』をご紹介させて頂きます。

小さな「ダニ」から感染する皮膚病

疥癬(かいせん)は、最近、保育園や幼稚園などで流行し、全国的にも集団感染が心配される感染症の一種です。「ヒゼンダニ(疥癬虫:かいせんちゅう)」と呼ばれる小さなダニが、皮膚に寄生して起こる病気です。肌と肌による直接的な接触に加え、衣類・寝具・タオルなどを介して間接的に人から人に感染します。

ヒゼンダニは、約0.4mmと小さいため、私たちが目で確認することはほとんどできません。人間の体温で過ごすことが最も適した環境とされ、皮膚のなかに潜り込んで増殖をくり返します。そうしてやがて、皮膚に
(1)かゆみ
(2)赤みが生じて
「疥癬」が発症します。

激しいかゆみの「通常疥癬」

疥癬には、
(1)通常疥癬
(2)角化型疥癬
の2種類が存在し、感染力や症状などに違いが見られます。どちらも同じ「ヒゼンダニ」から感染します。

「通常疥癬」は、感染力は比較的弱いながらも、数十匹のダニがいるだけで、体が健康な状態でも発症するのが特徴です。しかし、肌と肌が直接触れる時間が短ければ、感染の心配はほとんどありません。潜伏期間は約1〜2ヶ月です。発症すると、顔や頭を除く全身に、「赤いブツブツ(丘疹)」と「強いかゆみ」が起こります。お腹、胸、脇の下、太ももは特に症状がひどくなる可能性があるでしょう。

症状が、湿疹やアトピー性皮膚炎と似ていることから、自己判断で市販薬を試して、症状が悪化するケースがたびたび見られます。症状の程度に関わらず、皮膚に異変を感じたら、「皮膚科」を受診しましょう。

感染力が強い「角化型疥癬」

一方、「角化型疥癬」は、短い時間での接触にも感染する心配があります。約100〜200万匹のヒゼンダニから発症するとされています。感染から発症までの期間は、約4〜5日が目安です。風邪などによって、免疫力が低下した体に感染しやすいのが特徴で、他人への感染力がたいへん強く、保育園・幼稚園・介護施設など、集団生活を送る子どもや高齢者は十分な注意が必要です。

感染した患部は、灰色や黄白色に変化して、角質がポロポロと剥がれ落ちる症状が見られます。症状は全身にあらわれますが、特に手、足、ひじ、ひざ、お尻など、日常生活での皮膚の摩擦が頻繁で、角質の厚いところに多く見られます。剥がれ落ちた角質が、感染経路になることがあります。放置せずに、掃除機などで床をきれいにしておきましょう。

早めに「皮膚科」に相談する!

皮膚に異常が見られたら、早めに「皮膚科」を受診します。疥癬の診断は、「顕微鏡」や「ダーモスコピー」と呼ばれる特殊な拡大鏡を使った検査によって、ヒゼンダニが検出されると病気が確定します。

治療は、ヒゼンダニの死滅を目的とした「飲み薬(イベルメクチンなど)」や「塗り薬(フェノトリンローション、クロタミトンクリームなど)」を使うのが一般的です。かゆみが激しい場合は、「抗ヒスタミン薬」が処方されるでしょう。いずれの薬も、医師の指示にしたがって、完治するまでしっかり使いましょう。

適した治療を行うことで、症状は約2週間で軽快します。完治には、約1〜2ヶ月かかると考えてよいでしょう。ヒゼンダニは、人間から離れると約2〜7日しか生存することはできません。 熱や乾燥に弱く、50℃では約10分で死滅します。日常生活では、
(1)パジャマ、シーツ、タオル類を毎日交換する
(2)衣類やシーツなどは、50℃以上のお湯に10分以上浸けてから洗濯する
(3)毎日入浴して体を清潔にすることが大事です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る