{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}
公式情報 公式情報 このビジネスはオーナーによって承認されています。

丹羽クリニック

View 416
今週:29 ↑ 先週:25

お知らせ

情報が登録され次第表示されます

アピールポイント

新宿区に、丹羽クリニックはあります。
最寄り駅には、JR中央線・大久保駅があり、駅からは徒歩で3分程のところにあり、駅からのアクセスには便利です。
また周辺には、JR山手線・新大久保駅や、西武新宿線・西武新宿駅があり、他のアクセス方法でも通院することが可能です。
診療科目として、内科、消化器科、外科、皮膚科、アレルギー科があり、他にも漢方内科、東洋医学科など珍しい診療科目があります。
丹羽クリニックでは、治療をする箇所だけではなく、体全体を診療して治療することをモットーとしており、患者様に合った治療を施すことに努めております。
また、診療にあたっている丹羽医師は、アトピー性皮膚炎の統合治療の第一人者としても有名です。丹羽クリニックでは、木曜日の午後を除いて、平日は毎日受診の受付をしております。
また土曜日にも受診の受付をしているため、平日は仕事で忙しい患者様も通院することができます。
丹羽クリニックは、ビルの2階にあり、受付や待合室すべてが落ち着いた雰囲気があり、 清潔感があるため安心してご利用頂くことができます。

当院は痛みや症状がある局所だけではなく、身体全体を統合的に診ることで、 その人の体質や身体の弱点を把握し、症状を根本から改善させます。
また、病気の再発防止や予防、健康増進など、目的に合わせた治療も行います。お気軽にご相談ください。

診療案内

情報が登録され次第表示されます

基本情報

医療機関名称
丹羽クリニック
所在地
〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-8-17 ヒジカタビル2階
電話番号
03-3368-7587
公式ウェブサイト
交通手段
・JR総武線「大久保駅」徒歩3分
診療時間
診療時間
09:00~11:30
09:00~15:30
13:30~18:00
休診日:木曜日午後・日曜日・祝日
※予約診療となっております。
《掲載内容について》
こちらの内容はティーペック株式会社より提供された情報を利用しています。正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

医師紹介

院長 ニワ マサユキ 丹羽 正幸
得意分野
すべての人が持ち合わせてる生命力を最大限に生かします。
丹羽クリニックは、難治性疾患の完治を目的として、1988年に開設されました。開設以来、「統合医療」を実践し、多くの実績を残しています。身体は、頭からつま先まで全てつながっています。 痛みや症状がある局所だけではなく、身体全体を統合的に診ることで、 その人の体質や身体の弱点を把握し、症状を根本から改善させます。 また、病気の再発防止や予防、健康増進など、目的に合わせた治療も行います。 お気軽にご相談ください。
略歴
1973年 横浜市立大学 医学部卒業
1973年 横浜市立大学附属病院 第二外科(消化器・一般外科)
・Micro Surgery(顕微鏡手術)による移植時の微小血管結合の他、多くの外科手術の執刀を務める
1976年 カリフォルニア大学サンディエゴ校外科研究室研究員
・膵臓移植、糖尿病を研究
1978年 横浜市立大学附属病院 第二外科
・消化器外科手術の執刀を務める
1981年 城西歯科大学(現 明海大学)外科学講座講師
1988年 丹羽クリニック開設・難治性疾患の治療を目的とし、西洋医学と伝統医学(漢方、正體)による統合医療を開始
1996年 著書「アトピー全快 汗を出すのが正しい」出版
2004年 著書「ステロイドは使わない アトピーはこうして治す」出版
<研究歴>
医学部在籍時より、東洋医学研究会に所属し、漢方の第一人者・石原明医師に師事。漢方のみならず鍼灸、アーユルベーダ、チベット医学、食養法など東洋医学35年の研鑚を積む。
外科医時代に、疾病時における変形した内臓と歪んだ筋肉・骨格系との相対関係に着目。16年の外科手術執刀経験による解剖学的観点と、東洋医学的観点から、筋肉・骨格系の歪みの解消法として丹羽式正體術を考案。多くの難治性疾患に治療実績を上げている。
外科医時代より、治療効果の高い療法を探究し、多くの療法の研鑚を積む。その中で確実な治療効果が検証された、漢方、丹羽式正體術、ビタミン・ミネラル療法、温熱免疫療法、音楽免疫療法、花療法を順次診療に取り入れ、あらゆる疾患に適応可能な医療体系を構築。
所属学会
・(社)新宿区医師会 理事(統合医療検討委員会・広報編集)
・日本代替・相補・伝統医療連合会 評議員
・日本統合医療学会  評議員
今から診察してくれる近くの内科