{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「ペインクリニック」 に関する病気 他の病気を検索

病気一覧 (14件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
顔面けいれんは何もしていないときに片方のまぶたがぴくぴくとけいれんすることから始まる病気です。<br />自分の意思とは関係なく顔の半分にけいれんが起こり、奥は目の周辺から始まって口元へと症状が広がりま...
特定の部分が狭くなることで頸椎や神経が圧迫される整形疾患で日本人に多いのが腰部脊柱管狭窄症です。これは椎間板ヘルニアと並ぶ腰痛とも言われ、悪化すると腰からふくらはぎにかけて痛みやしびれがあります。...
「距骨骨折」は、高所から飛び降りたり、強い外力がはたらく事で、足関節を過度に屈曲または伸展すると起こります。スポーツ中や交通事故を原因とする事がよくあり、果部骨折・脱臼を合併する事も多いです。また...
筋腫とは筋肉からできた腫瘍のことです。腫瘍には良性と悪性、境界悪性と呼ばれるものがあります。急激に大きくなるものは肉腫(悪性)を疑います。1番多くできる場所は子宮です。30~50代に多いとされています。月...
頚椎損傷とは、首の骨である、頭を支える7つの頚椎が強い衝撃や、老化により変形、脱臼、骨折などを起こしてしまった状態をいいます。<br />頚椎のどこを傷つけたかによっていくつかに分類されます。変形性頚椎症...
視床痛とは、脳血管障害の後遺症であり障害側の上下肢に不快な痛みを伴うような症状の代表例です。この病気は慢性的であるため患者は抑うつ的な気分になってしまい、リハビリがうまくいかないことが多いです。ま...
上腕神経痛とはどんな状態かというと、神経痛の一つで、首の左右どちらかの部分、あるいは肩、腕、手などの広範囲にわたって痛みやうずき、しびれ、しこりがあって異常をきたすことをいいます。比較的に多くに見...
神経痛は、様々な原因で、末梢神経が刺激されることで引き起こされる体の痛みのことをいいます。<br />基本的には、発作的な痛みが繰り返し来るもので、不定期であったり、長時間に渡って続くことはほとんどあり...
水痘・帯状疱疹ウイルスは初めて感染したときには、発熱と全身に発疹や水痘がでる病気です。一度感染すれば身体の中にウイルスが持続潜伏感染しています。ですから何かの拍子にウイルスが活発になり、活動を始め...
頭痛もちの方も多いかと思いますが、その種類は様々なものがあります。現在一番多いとされているのが筋緊張によるもので、これはパソコンやスマートフォンが普及した今、切っても切れないものとなっています。締...
まず、疼痛とは何なのかとわからない方も多いと思います。いわゆる「痛み」のことで、医療現場で使われている専門用語のひとつになります。全身の部位に関わらず、痛みを伴う症状に対して使われます。本人にとっ...
特発性神経痛は、原因不明で起きる神経痛に対してつける診断名で三叉神経痛とも呼ばれます。三叉神経は、脳へ痛みなどを伝える知覚神経で、三叉神経の脳の出口の血管が圧迫され、末端神経が刺激された時に、激痛...
脳脊髄液減少症とは脳脊髄液腔から脳脊髄液(髄液)が持続的ないし断続的に漏出することによって脳脊髄液が減少し、頭痛、頚部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠などさまざまな症状を呈する疾患です。<br />低...
慢性疼痛とは、狭い意味では身体的原因がはっきりしていないにも拘らず、痛みが慢性的に続くものをいいます。この場合は身体症状症に含まれ、頭痛や腰痛、舌痛症などがあります。そして、原因がはっきりしていな...