{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「小児科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全328件

病気一覧 (328件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
<span background-attachment:="" background-clip:="" background-image:="" background-origin:="" background-position:="" background-repeat:="" background-size:="" color:="" helvetica="" lang="EN-US" ...
母子関係や家族関係の問題によって、子どもが十分な愛情を感じられないまま育った結果、成長や発達の遅れを生じる状態をいいます。親の行為が引き起こす、子どもの言語の遅れなどが特徴です。
アイスクリーム頭痛とは、アイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べたときに起きる頭痛です。原因は、神経の中継場所の混乱によって、冷たさを伝える神経だけでなく、痛みを伝える神経も刺激してしまうとい...
アストロウイルスは、感染性胃腸炎を起こす原因ウイルスで世界各国に分布しています。ロタウイルス、ノロウイルスに次いで高頻度にみられ、小児が感染の中心と考えられています。潜伏期間は1日から4日で、患者の...
アセトン血性嘔吐症とは、尿中・血中ケトン体が増加したために起きる中毒症状です。2~10歳の小児によく見られるもので、自家中毒や周期性嘔吐症とも言われます。原因は、過労や精神的緊張、感染などです。症状と...
<p class="p1">アセトン血性嘔吐症/ケトン血性低血糖症は、激しい嘔吐を数時間から数日間に渡り繰り返す疾患です。<br />2~8歳のやせ型体質で神経質な子どもに多く見られ、感冒や精神的ストレスにより食事を摂取...
汗疹は皮膚に関する一つの症状です。夏場や発熱したときに発生する肌に対する熱が、外部に対して上手く排出されなかったときに皮膚に現れます。主に紅い斑点が皮膚上に出てくるのですが、汗と相俟って痛みよりも...
アデノウイルスはDNAウイルスに分類され、2本鎖直鎖状DNAを持ちます。<br />感染時の症状としては、風邪症候群(いわゆる鼻風邪)、肺炎、そして39~40度の高熱と37~38度の微熱を繰り返す咽頭結膜炎などが挙げられ...
アトピー性咳漱とは、痰のない乾いた咳が長く続き、気管支拡張薬が効かない症状の病気です。<br />呼吸困難発作が無く、咳だけが長く続く点が気管支喘息とは異なります。のどにかゆみやイガイガ感があり、乾いた...
アナフィラクトイド紫斑病とは、IgA血管炎とも呼ばれる、アレルギー反応による小血管の炎症に基づく紫斑病の一種です。<br />以前はヘノッホ・シェーンライン紫斑病、アレルギー性紫斑病などとも呼ばれていました...
アルブライト症候群は骨の形成に異常をきたす病気です。体の中で骨をつくる過程で異変が起こり、骨の内部に本来なら骨となる部分が線維組織になってしまいます。この症状が全身にあらわれます。骨の異常だけにと...
アレルギーというものは、生物にとって非常に大事なものです。要するに身体に入ってきた異物を吐き出そうとする拒絶反応なのです。ですから、必ずしも悪いと限らないものなのです。しかし、あまりにも反応が強い...
アンジェルマン症候群とは神経系に関連する遺伝子疾患の一種です。<br />現れる症状は幅広く、重度の運動発達遅滞、精神遅滞、重篤な言語障害、歩行失調や四肢の振戦、頻繁に笑ったり、微笑んだり興奮したりとい...
<p class="p1">いちご状血管腫とは、乳児にみられる赤あざの一種で、顔や首、頭部に多く発生します。<br />生まれた時は無症状か赤みがすこし見られる程度ですが、数週間程で皮膚が盛り上がり赤あざのような症状...
一次性吃音は幼児期に起きる吃音「どもり」のことです。大人にみられる二次性吃音とは区別されています。意識しない吃音なので、大体2歳から3歳で一次性吃音は大体治って行きます。幼児の言葉の発達る時期で、お...
遺尿とは、排泄障害の一種で、不適切な場所で排尿を行ってしまう病気です。幼少時は、排尿のコントロールができないため、生理的な現象とされるが、5歳以上であれば、臨床的に問題があるといえます。原因のほとん...
疣状母斑は出生時、もしくは、小児時に疣状のザラザラした盛り上がり(丘疹)が多数重なって出来たものです。色は通常の肌色か、褐色です。気にならなければ、そのまま放っておいておいても問題はないのですが、自...
咽頭結膜熱は、数種類の血清型のアデノウィルスによる小児の急性ウィルス性感染症のことです。この病気は、発熱や眼症状、咽頭炎などの症状を引き起こします。季節的に地域で散発的に起こることもあったり、プー...
咽頭ジフテリアは、秋~冬にかけて流行する就学前の子供が罹りやすい病気です。ジフテリア菌がのどに感染した状態をいい、発熱やのどの痛みといった症状があらわれます。さらに咽頭まで感染すると、声がかれたり...
<p dir="ltr">腹部には胃や腸管の入る腹腔と呼ばれる腹膜に包まれた空間があり、ここで腸管は蠕動運動をおこないますが潤滑剤の役割を果たす漿液が間隙にあります。胎生初期、精巣は腹腔内にありますが出生近くに...
1〜20件を表示/全328件