{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「血液内科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全130件

病気一覧 (130件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
itpというのは、特発性血小板減少性紫斑病という病気です。この病気にかかってしまうと、その名の通り身体の中の血小板が少なくなってしまいます。血小板というのは血液を凝固させる作用を持っていますので、この...
悪性貧血とはビタミンB12と葉酸が不足して起こる貧血のことです。<br />ビタミンB12が不足することによって、赤血球の前段階である赤芽球が作られずに巨赤芽球が骨髄の中に貯まっていくようになります。それによ...
悪性リンパ腫とは、リンパ系組織から発生する悪性の腫瘍で白血病と同様に「血液のがん」と言われるものです。血液やリンパ液を通して容易に全身に進展し、リンパ節を中心に湿潤します。最も一般的な症状はリンパ...
アシドーシスとは血液中の酸と塩基のバランスにおいて、酸の方が優位にある状態のことで血液pHが低下している状態です。塩基が少ないことから酸性血症ともいいます。<br />呼吸器の病気や呼吸中枢の機能が低下す...
遺伝性球状赤血球症とは通常の形が円盤状の赤血球が球状になり、脾臓を通過することができずに破壊されてしまう病気です。原因は赤血球の細胞骨格に関係する遺伝子に異常があるために起こります。貧血や黄疸、脾...
遺伝性出血性毛細血管拡張症とは、先天的に毛細血管が薄く脆弱なために、血圧によって拡張するなど血管に異常が現れ、出血を起こす疾患です。<br />オスラー病とも呼ばれており、難病にも指定されている疾患です...
エイズとはHIVウイルスに感染して発症する後天的免疫不全症候群のことです。HIVウイルスは免疫細胞を破壊していくので、免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなってしまう病気です。アフリカでもっとも...
hivとは、ウイルスの一種であって、人間の性行為の時に感染した時に病気を引き起こす起因となるウイルスです。インフルエンザに似たような症状が出ます。感染したときに起こる潜伏期間は、2週間から数十年にかけ...
<span lang="EN-US" style="font-style: normal; font-size: 12pt; font-family: &quot;Helvetica Neue&quot;; color: rgb(33, 37, 41); background-image: initial; background-position: initial; background-s...
2011年の東日本大震災報道で、よく「エコノミークラス症候群」についての話題がよく取り上げられました。この名称は、航空機の席ランクでもスペースが狭く自由の効かないエコノミークラスの利用者によく起こるこ...
黄疸とは血液中のビリルビンという色素が増加して皮膚や眼球、粘膜そして、体液が黄色に染まる状態をいいます。<br />通常は肝炎や肝硬変などの肝臓に病気がある場合や胆汁の排せつ経路である胆管系に異常がある...
家族性高コレステロール血症とは、先天的な高脂血症の一つです。症状としては、ヘテロ結合体の男性は30歳以降、女性は50歳以降から心筋梗塞が起こります。ホモ結合体は、治療しなければ30歳前後で心筋梗塞により...
過粘稠度症候群とは、赤血球量の異常な増加によって血管の中の血液凝集や血栓症を伴う過粘稠が起こる病気です。この病気になると、心不全、血栓症、頻呼吸、呼吸窮迫、チアノーゼ、武津、無呼吸、嗜眠、過敏性、...
鎌状赤血球貧血とは、先天的な赤血球の変形により酸素運搬能力が低下している状態を示します。先天的な疾患ですので、根本的な治療は困難であると考えられています。赤血球が通常の形から変形してしまうと、ヘモ...
肝炎後再生不良性貧血とは、肝炎を発症して1~3ヵ月後くらいに起こる再生不良性貧血の変種のことです。原因となるウイルスは、未だ同定されていません。自覚症状としては、貧血症状、皮下出血斑、歯肉出血、鼻出...
肺内に異常な量の気胞が形成されることで起こる病気である嚢胞性肺疾患には、気腫性肺嚢胞と気管支性肺嚢胞とがあります。後天的な原因による場合が多い気腫性肺嚢胞とは異なり、気管支性肺嚢胞は多くが先天性で...
気管支嚢胞に罹ると、嚢胞の中に液体が溜まって胸痛や吐血などの症状が出ます。症状が重症になると吐血を一日中繰り返すようになるので、病院に通院して嚢胞の切除手術を受ける必要があります。嚢胞の切除手術を...
急性灰白髄炎は別名ポリオとも呼ばれ、脊髄にある運動神経細胞を破壊する病気です。運動神経細胞が破壊された結果、左右非対称に麻痺が残ることになります。この病気はポリオウイルスが経口感染することで引き起...
急性間欠性ポルフィリン症という病気になると、腹痛や便秘などの初期の症状が発生します。炭水化物を含んだ輸液の投与を受ける事で、初期症状を治すことが出来ます。悪化してくると患部に強い痛みを感じるように...
急性感染症心内膜炎は、心臓にある膜に細菌やウイルスが感染することによって起こります。急性感染症心内膜炎による細菌感染は、先天性の心臓病や心臓の弁膜症を患ったことのある人に起こりやすいのです。症状と...
1〜20件を表示/全130件