{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「老人内科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全33件

病気一覧 (33件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
アルコール性認知症とは、アルコール大量摂取が原因で脳が萎縮し、認知症を発症するものです。<br />高齢者が多いですが、若い世代にも見られます。記憶障害や見当識障害のほか、アルコール依存症と同じような症...
異型トランスサイレチンとは、家族性アミロイドポリニューロパチーの原因物質です。遺伝的にトランスサイレチンというタンパク質の変異が原因で、末梢神経や様々な臓器に障害がおきます。手足のしびれや、下痢と...
嚥下とは食べ物を飲み込むことをいいますが、嚥下障害はこの飲み込むことが困難になる病気です。食べ物をうまく口にはこべなかったり、飲み込めなかったり、唾液や食べ物が口からこぼれたり口から栄養を摂ること...
外因性やせとは、主に食事に関する問題が大きく関係しているやせを指します。<br />病的なやせとはるいそうとも呼ばれ、からだの脂肪組織が急激に減少し、体重が減少した状態を指します。<br />筋肉組織なども伴...
喀痰とは、痰を吐くことを言います。これは検査にも用いられることがあり、肺や呼吸器の検査に吐いた痰を使って性状や成分から病気を解明するということにも利用されています。痰には感染性のある菌が含まれてい...
仮性認知症とは、周囲に無関心になったり集中力がなくなる、言動に変化が現れるなど認知症を疑われる症状がでるものの、認知症特有の記憶障害などがない状態をいいます。精神的にショックを受けたときや長期間ス...
寡動と言うのは、特に筋力が低下したり麻痺が生じているわけでもないのに普段の生活の動作が鈍くなり動作を始めるまでに時間がかかったりするようになり、じっとしていることが多くなります。浴槽をまたぐという...
新しい記憶を保持する力、これを記銘力といいます。記銘力さえよければ新しいことを次々と吸収することができるのです。記銘力は新しい情報を保つ、整理を上手にこなす、それらを記憶として頭の中に留めることが...
逆行性健忘は、事故や大きなショックを受けた際に発症します。その衝撃を受けた時、それ以前の記憶をひとつも思い出せない、またはすっかり忘れてしまっているという場合のことをこう呼びます。記憶の欠落してい...
70歳代を平均とする高齢者に多い巨細胞を伴う肉芽腫性動脈炎です。治療が遅れると失明を招くことがある、緊急性を要する病気です。特定疾患(難病)の1つに指定されています。
グラム陽性菌とは、グラム染色により青紫色に染まる細菌のことをいい、ボツリヌス菌やブドウ球菌など60種類あります。細胞壁は一層でやや厚く、タンパク質性の菌毒を分泌するものもあります。<br />多くは、しば...
原発性骨粗鬆症とは、何か特別の疾患によってひきおこされる骨粗鬆症以外の、原因不明の骨粗鬆症を指します。骨粗鬆症の中では、この原発性のものが一番多いと考えられています。骨粗鬆症は圧倒的に男性よりも女...
牛車腎気丸とは足腰の痛み、むくみ、かすみ目などに用いる漢方薬のことです。疲れやすい、顔色が悪い、手足が冷えやすいなどの症状がともなうとき、とくに有効とされています。下半身が衰えた高齢の人がおもな対...
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症とは、遺伝性疾患の一種です。発症例は少ないですが、発症例に比べると知名度は高い病気で、年齢や進行具合によって症状が大きく異なる傾向にはあります。一般的には痴呆、不随意運...
肢節運動失行とは、神経支配性失行や皮質性失行とも言う病気の事で、手や指、顔面、体幹、足などの柔軟な動きを取る事が出来ず、非常になれていた動作すらも出来なくなってしまう状態の事を言います。不随意運動...
失禁とは、小便、大便を自分の意思ではなく排泄してしまうことです。涙などが、自然と流れることもいう場合があります。加齢とともに、腹筋や下腹部の筋肉が衰えてくるために、起きてくる現象でもあります。くし...
失見当は、記憶の障害と関連することとして、自分の居場所が分からなかったり、時間が分からなかったり、よく知っている周りの人が誰だか、または何をする人かが分からなかったり、今どういう状況にいるのかが分...
脂漏性角化症とは紫外線の影響や老化が原因でおこる皮膚の良性腫瘍のことです。わずかに盛り上がり、色は皮膚に近い色のものから黒色のものまでさまざまです。紫外線を避けることが1番の予防になります。<br />治...
全生活史健忘とは、解離症状のひとつで、自分の名前や家族のことなど、自分自身に関する記憶をすべて失ってしまうものです。いわゆる記憶喪失のことです。多くの場合、強いストレスがきっかけとなって、突然生じ...
認知症とは「なんらかの原因で脳の機能が低下し、生活に支障をきたす状態」と定義されています。高齢になるほど発症しやすく、国内患者は300万人以上。認知症になる可能性が高い軽度認知障害の高齢者を合わせると...
1〜20件を表示/全33件