{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「外科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全123件

病気一覧 (123件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
青あざとは、皮膚の表面上に青く現れ変色したもののことを言います。主に後天性のあざのことで、打撲などによる皮下出血などから発症します。また、メラニン色素を生産する色素細胞が増加して起こる場合もありま...
移植片対宿主病とは、移植に伴っておきる副作用のことで、臓器提供をした臓器が、レシピエント側の細胞を異物として認識して免疫攻撃してしまう症状のことをいいます。免疫抑制剤を使うことで初期段階であれば抑...
陰茎がんとは、陰茎の皮膚や組織内に発症する悪性腫瘍のことで、亀頭や包皮からの発生が主です。またこの病気のリスクは、ヒトパピローマウイルス感染、年齢、AIDSとされています。その他にも、不衛生な状態にす...
腕の痛みとはさまざまな要因によって腕に痛みが生じるものです。骨折やねん挫などの、大きなけがから、筋肉痛や寝違えなどのちょっとしたことから発生することもあります。歳を重ねることで、関節が悪くなり、そ...
エイズとはHIVウイルスに感染して発症する後天的免疫不全症候群のことです。HIVウイルスは免疫細胞を破壊していくので、免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなってしまう病気です。アフリカでもっとも...
炎症性乳がんは乳がんの中でも特殊な型のがんで、乳房の皮膚が広範囲で赤く腫れ、皮膚が浮腫むことによって毛穴が目立つようになります。皮膚が厚くなるため乳腺内のしこりを感じにくく乳房全体がかたい塊のよう...
黄疸とは血液中のビリルビンという色素が増加して皮膚や眼球、粘膜そして、体液が黄色に染まる状態をいいます。<br />通常は肝炎や肝硬変などの肝臓に病気がある場合や胆汁の排せつ経路である胆管系に異常がある...
カーリング潰瘍は、広範囲のやけどなどを負った場合に急性の胃潰瘍を起こす病気です。重度のやけどを広範囲に体に負った場合、体には大きなストレスがかかります。そのストレスから、胃に炎症を起こして胃潰瘍が...
外傷性窒息とは、機械に挟まれたり将棋倒しになったり声門が閉じている時に胸部が断続的に強く圧迫される事により起こります。これによりチアノーゼや意識障害などを併発することがあります。外傷性窒息自体には...
「偏平足」よりマイナーですが、じつは多くの人がかかえているトラブルです。くるぶし方向から足を見ると「土踏まず」という大きなアーチがあります。見る方向を変えてつま先から見た場合も、健康体ではこんもり...
過外転症候群は、小胸筋の下で神経や血管などが圧迫されることによって、手足の痺れや痛み、手足の冷えなどを引き起こす病気です。普段の生活や仕事で体を酷使することにより引き起こされます。また、日常生活や...
下肢静脈瘤とは、静脈の弁が正常に働かないため血液が重力によって逆流し、下肢の静脈に血液が溜まることにより静脈が膨れて瘤(こぶ)のようになることを指します。<br />症状としては、足の痛み、だるさ、むく...
筋肉の仮性肥大(かせいひだい)についてです。どのような症状かというと筋萎縮性の病気を患う初期にふくらはぎ等がパンパンになり、筋肉隆々と感じることがあります。ですが、いずれは衰退するにつれてやせ細りま...
肩こりとは、肩の周りの筋肉が固くなってしまい、動かしにくくなる現象のことです。このため、適度に肩の周辺の筋肉をほぐすことや、運動などをして体を動かすなどの方法が効果が高く、ひどい症状の場合には医者...
化膿性関節炎とは、何かしらの原因により関節に細菌が入り込むことで関節内部が化膿してしまうものです。この病気の怖いところは、関節の表面の軟膏を破壊してさらに骨までも破壊してしまう可能性があり、そうな...
人間の体内は、数億個の細胞で出来ています。人間は子供の時からの細胞の分裂によって、あらゆる箇所が成長していって、成人に到達したときに細胞分裂によって、細胞が生まれ変わっています。がんは、細胞が生ま...
間質性乳腺炎とは乳房内に細菌が入りこみ、乳腺と乳腺の間の組織まで感染し炎症を起こしてしまった病気です。炎症がひどくなると膿が溜まって膿瘍ができます。主に産褥期に多く、黄色ブドウ球菌などが原因です。...
関節結核とは、肺に感染した結核菌が血管を通り関節にまで移動して関節炎を引き起こす症状のことをいいます。しかしながら、結核の症状を診断したことがある医師が少なく結核に感染していることを診断することが...
関節損傷は何らかの原因で関節が損傷を受けたりする病気です。損傷を受けると、関節を曲げたり伸ばしたりすると痛みが生じ動作が困難になります。主原因はねんざや脱臼といったものが多いですが、分からない場合...
肝損傷とは文字通り肝臓が外部からの衝撃や傷害により損傷を被る事です。肝臓は腹腔内臓器の中では体積・面積共に大きく、被膜の比率も小さいため非常に損傷を受け易くなっています。また流入する血管も多く出血...
1〜20件を表示/全123件