{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「腎臓内科・外科」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全112件

病気一覧 (112件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
iga腎症とは免疫グロブリンという抗体の一種が免疫異常を起こし、腎臓に沈着して糸球体を壊してしまう病気のことです。初期は無症状なので、職場や学校での検尿で蛋白尿や血尿から発見されるケースが多くなってい...
アルポート症候群とは、難聴や視力障害を伴う糸球体腎炎です。X染色体性の遺伝のため、男性に多く、かかれば30歳代までに透析が必要になります。遺伝子変異に原因があり、症状としては腎障害、聴力障害、目症状な...
アンモニアは体の内部に取り入れると、肝臓で分解されるのが普通です。アンモニア代謝異常による病気として、お酒などに含まれるアンモニアなどの成分を完全に分解できない病気です。症状としては、嘔吐や眠気に...
萎縮腎とは腎臓が硬直化して萎縮してしまう状態のことを言います。この状態になりますと、正常な腎臓の働きが失われてしまうので血中のクレアチニンやBUNの数値が大きく上がり大変危険な状態に陥ります。この腎障...
遺伝性腎炎は糸球体の血管壁の異常により起こる病気です。初めは血尿がでるといった症状がでます。10歳までに症状が出る事が多く、両親にこの病気を患っている子どもにみられます。遺伝により子どもに伝達すると...
ウィルムス腫瘍は、腎芽腫とも呼ばれ腎臓に生じる悪性腫瘍です。小児の悪性腫瘍全体の約6%を占める代表的小児悪性腫瘍です。発症する年齢は2歳~5歳が多く3歳~4歳がピークとなります。20%~30%の割合で家族にも...
遠位部ネフロン疾患とは、尿細管疾患の分類の一つで、余分な酸を排泄する遠位尿細管の機能が障害され体内に酸が溜まることを指します。何らかの原因で、尿細管の機能に異常をきたすと発症します。尿路結石を伴う...
横紋筋融解症とは、何らかの影響により横紋筋が融解し筋細胞の成分が血中に溶け出してしまう病気のことを指します。<br />事故や外傷、脱水、熱中症や薬剤投与などの外傷性非外傷性を含んだ様々な要因によって発...
胎児期に腎臓が形成される時、まず骨盤内に発生してから上昇し、腹腔に収まります。その時腎臓は腎盂の面を腹側から脊柱側へ向けるように回転します。この回転が起こらず、前を向いたままで完成してしまったのが...
間質性腎炎とは腎臓病の一種で腎不全にも繋がる病気です。急性と慢性がありますが、発症の原因についてはまだ不明なことが多く、無症状無自覚のまま病状が進行するケースもあります。また一つ明確な原因としてわ...
肺内に異常な量の気胞が形成されることで起こる病気である嚢胞性肺疾患には、気腫性肺嚢胞と気管支性肺嚢胞とがあります。後天的な原因による場合が多い気腫性肺嚢胞とは異なり、気管支性肺嚢胞は多くが先天性で...
「急性間質性腎炎」とは、皮疹・発熱・好酸球の増加・腰痛・側腹部痛・関節痛などの症状が引き起こされるものです。中でも最も多いとされているのが、皮疹・発熱・好酸球の増加などです。また、場合によっては症...
急性感染症心内膜炎は、心臓にある膜に細菌やウイルスが感染することによって起こります。急性感染症心内膜炎による細菌感染は、先天性の心臓病や心臓の弁膜症を患ったことのある人に起こりやすいのです。症状と...
急性糸球体腎炎は腎臓の糸球体が炎症を起こした状態をいいます。糸球体の機能が低下するために蛋白尿や血尿、尿の量が減少するなどの症状が出ます。A群B溶血性レンサ球菌感染症後に発症する場合がほとんどです。...
<p class="p1">急性腎盂腎炎は、細菌が腎臓の中に入って、炎症が起きている状態です。細菌の侵入経路で、もっとも多いのは尿道の出口から侵入した細菌が尿の通り道を遡り腎臓に達して起こるケースです。<br /><sp...
<span background-attachment:="" background-clip:="" background-image:="" background-origin:="" background-position:="" background-repeat:="" background-size:="" style="font-size: 12pt; font-family:...
急性腎炎症候群は、腎臓に障害が起きた時に発病する病気です。尿に蛋白が混じる症状が初期症状として現われます。他にもむくみや高血圧などの軽い症状が出ます。症状が重い時は血尿が出たり、激しい動悸を起こす...
急性腎不全とは、急性に発症する腎機能低下障害です。急性腎前性腎不全・急性腎性腎不全・急性腎後性腎不全の3種類に分類されます。無尿・乏尿・クレアチニンの上昇が起こり、嘔吐・全身疲労・不整脈・腹痛・錯乱...
急性副腎不全とは、皮質と髄質に分かれ、それぞれホルモンを分泌している副腎で急激な副腎皮質ホルモンの不足状態が起こることです。原因として最も多いのは、ステロイド薬の飲み薬や注射を半月から1ヶ月以上続け...
急速進行性糸球体腎炎とは、腎臓のろ過装置である糸球体に炎症がおこる疾患で、糸球体腎炎のうちで数週から数カ月の短い期間に急速に腎機能が低下するものを指します。<br />糸球体は小さな穴が開いた血管ででき...
1〜20件を表示/全112件