{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「みぞおちが痛い」 に関する病気 他の病気を検索

病気一覧 (13件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
胃角部潰瘍とは、胃潰瘍のことで消化性潰瘍とも呼ばれます。胃内にできる潰瘍は胃角部にできることが多いのです。潰瘍はストレスやピロリ菌などにより、胃の粘膜の防御機能が低下すると胃壁に傷ができやすく、そ...
胃潰瘍は、胃腸の病気の中で最も多いとされる病気です。良性の病気であはありますが、再発を繰り返すことが多いことでも知られています。胃潰瘍の治療は近年、薬やピロリ菌除菌療法の開発がすすんだことにより、...
<span background-attachment:="" background-clip:="" background-image:="" background-origin:="" background-position:="" background-repeat:="" background-size:="" color:="" style="font-size: 11pt; fo...
肝内結石とは肝臓に伸びている胆管に結石ができる症状のことです。この症状自体は、良性の病気なのですが何度も繰りかえして完治させるのが困難な症状なのです。特に肝膿瘍や膿瘍から感染症が起こり重度の敗血症...
肝臓の中に液体のたまった袋ができる病気を肝嚢胞といいます。<br />無症状で多くは先天性の単純性嚢胞で腹部超音波検査で発見されます。稀に腫瘍性や外傷性などの嚢胞もあります。<br />ほとんどの場合、定期的...
<p class="p1">機能性ディスペプシアとは、慢性的に胃の痛みや胃もたれなどの症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても明らかな異常がみつからない病気です。<br />このような症状は<span class...
胆嚢炎は胆嚢に炎症が起きた状態です。急性胆嚢炎は突然発生し、肋骨の下端やみぞおちに激しい痛みが起こります。38度以上の発熱や吐き気、嘔吐などを伴うことも多くあります。<br />急性胆嚢炎を発症した患者の...
心臓に栄養などを送る冠動脈が何らかの原因で狭窄・閉鎖してしまうと、酸素需要に見合った血液を心筋に送ることができなくなります。そして、心筋が虚血し、心筋が変性してしまうことで心機能障害をおこした病態...
異腫瘍とは胃腫瘍のことです。悪性腫瘍の90%以上は胃がんになります。自覚症状はありませんので、内視鏡検査か健康診断で発見されることが多いです。症状は腫瘍ができた部位にもよりますが、胃が張った状態で嘔吐...
胆道がんは、肝外胆道系に発生する悪性腫瘍であり、胆管がん、胆のうがん、乳頭部がんに分類されます。腫瘍の発生部位により、黄疸などの症状の現れ方や手術法に違いはありますが、原因として多いのは膵・胆管の...
胆嚢は体の右上腹部、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓器で形は洋ナシ型とかなすび形とかいわれています。この袋には肝臓から分泌された胆汁が貯められるのです。食事をした後、この袋が縮むこと...
盲腸炎といわれているものの中に慢性虫垂炎というのがあります。<br />急に右下部分が痛くなり我慢できなくなったのを急性虫垂炎といい炎症がひどくなってる状態です。場合によっては手術を必要としますが、慢性...
胃や腸への出入り口としての幽門部に、潰瘍ができる病気を幽門部潰瘍と言います。胃液の分泌などのバランスの崩れによって幽門部に潰瘍ができるのです。典型的な症状として、みぞおちの部分が痛んだり、重苦しさ...