{{ isMenu ? 'CLOSE' : 'MENU' }}

「毛が抜ける」 に関する病気 他の病気を検索

1〜20件を表示/全28件

病気一覧 (28件)

病名(フリガナ)
治療に適した診療科目
円形脱毛症とは、年を取って頭皮の状態が低下した時に発生します。また、このような症状が起きた場合には、周囲からの見た目が良くないために、育毛剤などを活用し、頭皮の状態を良くすることや育毛などを行う必...
円盤状エリテマトーデスは、特徴的な形状を持つ皮疹が皮膚に見られる病気です。皮疹の他にも、発熱や痛みなどを伴います。皮疹は平らで円形であるのが特徴です。この病気にかかると、皮疹が顔や頭、前胸部やさら...
脳にある下垂体の前葉部分では様々なホルモンが作られています。成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、プロラクチン、性腺刺激ホルモンなどです。これらのホルモンの分泌が低下した状態が下垂体...
休止期脱毛とは、体毛が休止期の状態で抜けていくことを意味しています。体毛というのは、その成長がいくつかのサイクルに分かれていることが知られています。成長期には体毛は伸びていくことになりますが、休止...
硬性下疳とは、第一期梅毒に出来る感染部分の浅い潰傷のことです。感染後3週間ほどで現れる初期硬結の中心部が潰傷に陥ったものです。通常は1個のみの発症ですが、まれに2個以上発症することもあります。痛み、か...
男性ホルモンのテストステロン(HT)は、95パーセントが精巣、5パーセントが副腎で作られる男性ホルモンの一種です。<br />そしてジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロン(HT)の不足を補うため5&alpha;リダ...
「しらくも」は、水虫でよく知られる白癬菌(カビの一種)が頭に定着して起きる皮膚疾患で、頭部白癬の別の呼び方です。<br />小児に多くみられ、毛の生えている部分や毛の中に菌が入り込み、脱毛やかゆみ、フケな...
成長期脱毛症は、ストレスなどで成長期の時期に毛の成長が止まってしまう現象を言います。主に起きるのは円形脱毛症で、一部の髪が円形に抜け落ちる症状が出ます。成長期は多感な時期の為、ストレスをなるべく緩...
セレン欠乏症はミネラルであるセレンが体内で欠乏し、それによって引き起こされる欠乏症です。セレンは魚介類や肉類、卵に豊富に含まれているため、日本国内では発症する患者さんはあまりいません。欠乏による症...
全身性アミロイドーシスは、アミロイドと呼ばれる異常な蛋白質が全身の様々な臓器に沈着して機能障害を引き起こす疾患です。この疾患の発症過程についてはわかっているものの、アミロイドが生じる過程などその細...
白癬と呼ばれる病気がありますが、最も多いのが爪に起こるものです。これは水虫とも呼ばれます。爪の中に菌が入り込み、爪がぼろぼろになったり、炎症が起きて膿が出てきます。最も多いのが足の水虫ですが、気に...
抜毛症の要因はストレスによるものが大きいとされています。手が触れる前頭部付近の毛を抜いてしまうのが特徴で、その毛が無くなると他の部分の毛も抜いてしまう事があり、頭髪以外にも眉毛・まつ毛を抜く場合も...
粃糠性脱毛症とは、フケのようなですが、頭皮の上に非常に多く散乱し、さらに脱毛を伴うような病気であるといえます。要するにふけを伴う脱毛であるわけです。何らかの原因で毛が増えてしまい、それが毛穴につま...
ビタミンAは体になくてはならない栄養素ですが、過剰に摂取するとビタミンA過剰症という病気になってしまいます。<br />このビタミンAは脂溶性ですので、水溶性と違って尿などで体外に排出されることはないため、...
ビタミンa中毒とは、その名の通りビタミンaを取りすぎたことにより起こるもので、激しい頭痛や疲労感、四肢の痛み、肝機能障害などの症状があります。そして、最も怖いのが、数日後から発生する皮膚のはがれです...
ビタミンD過剰症はビタミンDの過剰摂取によって起こります。腸管からのカルシウムの吸収の促進によって血中カルシウムの濃度が上昇し、血管壁や腎臓、脳などにカルシウムが沈着し、食欲不振、悪心、昏睡、嘔吐、...
皮膚糸状菌とは皮膚や爪のケラチンに生じた真菌による感染症のことです。皮膚に寄生する形が糸状にみられることからこの病名がつけられるようになりました 。この病気には白癬、黄癬、渦状癬があります。現在我が...
「微量元素欠乏症」とは、亜鉛・銅・クロム・ヨード・コバルト・セレン・マンガン・モリブデンなどの必須微量元素が欠乏した状態の事です。これらのうち、亜鉛と銅の欠乏症がよく知られています。必須微量元素は...
フォークト・小柳・原田病とは、体内中のメラニン色素の免疫力が高まって、ブドウ膜炎を起こす病気の一つです。このような病気は白人には稀で、日本人などの有色人種に起こります。かつてはフォークト・小柳病と...
放射線被曝とはどのようにして起きるかというと、人に起きる被曝には、外部被曝と、内部被曝があります。外部被曝は、人体の外にある、放射線物質から、発せられる被曝で、内部被曝は、体内に取りこまれた放射線...
1〜20件を表示/全28件