パーキンソン病

▪️パーキンソン病の概要・原因・治療法

パーキンソン病は主に50代以降の方に見られる病気で、日本全国で約15万人の患者がいると言われています。

パーキンソン病を発症すると、手足のしびれや筋肉の固縮、転倒反射障害などの症状が見られ、病状が進行するにしたがって日常生活に多大なる影響を及ぼすでしょう。

パーキンソン病が発症する原因は、大脳皮質からの指令を伝達するドパミン神経伝達物質の減少です。
ドパミン神経伝達物質は大脳皮質からの指令を受け、身体の動きを調整する役割を持っていますが、何らかの要因からドパミン神経伝達物質が破壊され、パーキンソン病が発症することとなります。

特殊なたんぱく質がドパミン神経伝達物質の中に凝縮されることからドパミンが減少することが確認されていますが、なぜたんぱく質が増えるのか、生活習慣などからその起因性は確認できていないのが現状です。

パーキンソン病の治療法は主に3つ挙げられ、投薬と手術、リハビリテーションが効果的と言えます。

リハビリは身体を動かすことにより体力が付き、パーキンソン病の進行抑制や改善が期待できるでしょう。
投薬も対症療法と言え、手術は薬だけでは症状が抑えられないケースや、合併症が確認された場合に執り行われます。

参照元:http://www.nanbyou.or.jp/entry/169
http://parkinson-smile.net/treatment/p3.html
https://www.nmp.co.jp/public/pk/index.html
http://parkinson-dbs.jp/treatment/disease-summary/
https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/parkinsons-disease/about/