クロウ・フカセ症候群

▪️クロウ・深瀬症候群の概要・原因・治療法

クロウ・深瀬症候群は日本全国でも300~400人ほどしか患者数がいない希少疾病であり、患者数の少なさから一般的な治療法も確立されていない難病です。

クロウ・深瀬症候群はPOEMS症候群とも呼ばれますが、体内にある形成細胞が異常に増殖することにより、その異常増殖に伴って生成される特殊なたんぱく質が原因で、末梢神経に障害が発生します。

手足にしびれやむくみ、脱力感から始まり、病状が進行すると歩行困難にまで発展し、末期には呼吸困難に陥ることから命の危険がある、恐ろしい病気です。

クロウ・深瀬症候群は形成細胞が異常に増殖し、特殊なたんぱく質を生成してしまうことで発症しますが、なぜ形成細胞が異常に増殖するのか、それに伴って特殊なたんぱく質が形成されるのかははっきりしていません。

そのため、治療法も広く浸透しておらず、現代の日本医学でも新しい治療法を試みる動きが継続しています。

現在、クロウ・深瀬症候群の患者に対しては主に放射線療法や細胞移植、抗がん剤やステロイドの投与が行われています。
しかし、治療法によっては患者の身体に大きな負担をかけるケースも考えられることから、患者さんの年齢や状況に適した治療法が選ばれます。


参照元:
http://www.nanbyou.or.jp/entry/82
https://bit.ly/2Irasyp
https://www.ho.chiba-u.ac.jp/frontier/frontier08.html
https://bit.ly/2v2vf3k

クロウ・フカセ症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ