多巣性運動ニューロパチー

▪️多巣性運動ニューロパチーとは

多巣性運動ニューロパチーとは、運動神経の障害により手足の筋力低下や、筋委縮が見られる難病です。
神経炎のことをニューロパチーと呼ぶことから、慢性炎症性脱髄性多発神経炎の一種と考えられることもあります。

原因がわからない点や治療法も同様ですが、慢性炎症性脱髄性多発神経炎のように感覚障害は起こりません。

参照元:
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4089
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/tmnh/medical/medical/child-neurology/disease/neuroimmune.html
https://bit.ly/2X2ypQD
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/cidp/sinkei_cidp_2013_04.pdf
https://www.jbpo.or.jp/cidp/treatment.html


多巣性運動ニューロパチーに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ