前立腺がんゼンリツセンガン

前立腺がんはどんな病気?
前立腺がんは、男性の前立腺に発生するがんの事です。男性のみに発症して放置しておくとリンパ腺や周囲の臓器に対して感染増殖を引き起こします。五十代以降患者数は多くなる事が統計上現れていて、現代は増加傾向にあります。検査については、まず血液検査で判定基準を超えた場合に追加検査となります。切除して根治を目指したり、高齢者の場合は放射線治療による治療も行われます。

前立腺がんの症状
この症状などは、実際に前立腺がんになった人にしかあまりわからないかと思います。がんなどは多くの方がなってしまう病気でありこの病気でとても多くの方が残念なことになくなってしまった人などがとても多くいらっしゃいます。しかし最近では、医療機関の設備や医療も進歩していますので手術をすればかなりの確率で治すことも可能ではあります。

前立腺がんの原因
前立腺がんと一言で言っても、様々なタイプがあることが知られており、その原因を一言で言い表すことは非常に困難です。あるタイプの癌の場合は、遺伝的な要因が大きいといわれているケースもあり、また別のタイプのがんにおいては、生活習慣が大きく影響すると考えられています。そのほかにも喫煙などが影響していると考えられるタイプのがんもあります。

前立腺がんの検査と診断
前立腺がんの検査方法には触診・腫瘍マーカーの測定・エコーがあります。触診では肛門から指を入れて前立腺に触れ、硬さなどから判断する大切な検査です。しかし、医師の経験が重要となり正誤率に差があります。腫瘍マーカーの測定ではがんである場合に変動するたんぱく質を測ります。前立腺の場合はPSAの値を調べます。エコーでは肛門にプローブを挿入し、水平面と矢状面を診ます。

前立腺がんの治療方法
精巣を摘出して男性ホルモンの分泌を完全に止めて、体内の男性ホルモンの量を減らして前立腺がんを治療する治療法があります。他にも女性モルモンを注射して、前立腺の肥大を小さくする方法でガンを治すことが出来ます。抗がん剤を投与すれば、がんの進行を抑制することが出来るだけでなく、前立腺にできたがんの治療を同時に行なう事が可能です。

前立腺がんの初診に適した診療科目

前立腺がんの専門外来

前立腺がんの専門医

前立腺がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ