涙液分泌能低下ルイエキブンピノウテイカ

【どんな病気】
涙腺の機能の低下により、角膜や結膜が乾燥し、はじめは軽い異物感(ゴロゴロ)やねばっこい目やにが出る、目がかすむなどの症状ですが、しだいに角膜の表面が荒れ、細かい混濁が生じ視力の低下をきたします。これが乾性角結膜炎(ドライアイ)といわれています。

涙液分泌能低下の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

涙液分泌能低下に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ