口角炎コウカクエン

口角炎はどんな病気?
口角炎とは、口角つまり唇の両端が炎症を生じ、裂けたり、腫れたりすることである。食事をしたり、会話をした時、痛みがあります。一般的に真菌が皮膚を刺激し、かぶれを生じさせるのが主因と考えられます。この真菌類は口の中に存在するが、健康な状態だと免疫により、増殖を防いでいますが、ビタミン不足、中でもB2、B6の不足や体調不良により免疫力が低下すると、繁殖します。

口角炎の症状
口角炎の主な症状は、その名の通り口角(くちびるの両端)が赤く腫れてしまい、ただれるというものです。ただれやかさぶたのみではなく、深い亀裂が入ることもあります。またくちびるを閉じているときに、出血したり鈍い痛みを感じます。くちびる自体も、カサカサや熱を持った感じがあり、口を開けると痛むので、大きく開けることに抵抗を感じます。

口角炎の原因
口角炎は主にビタミンB2が不足していると起きやすいです。ビタミンA やビタミンB5、B6、B12の不足時も発症しやすいです。。胃の調子が良くない時や風邪、疲労などで免疫力が落ちている時にも起こります。またブドウ球菌やカンジタなどの真菌が原因で起きる場合もあります。また貧血症や糖尿病などで全身の抵抗力が弱っている時も要注意です。

口角炎の検査と診断
口角炎の検査方法についてです。この病気にかかった場合、その検査は必ずしも放棄してはいけません。症状の項目に見られたように、感染症ですから、全身に菌がまわってしまうし、また別の病気にかかってしまうこともあるので、皮膚科を受診することが強く推奨されます。そこでは何が行われるのかというと、細胞の検査または組織検査というものが行われます。

口角炎の治療方法
口角炎の治療法は、局所を清潔にし、二次的な細菌感染を防ぐためにオキシフルなどで消毒して、乾燥防止に硼砂グリセリンを塗るなどします。ビタミン不足にならないように、食事の栄養のかたよりに気をつける必要があります。ビタミンB2の服用も効果がありますが、肝臓が悪いことが原因の場合には、口から飲ませても効果がないため注射で与えます。

口角炎の初診に適した診療科目

口角炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

口角炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ