性同一性障害セイドウイツセイショウガイ

性同一性障害はどんな病気?
性同一性障害という言葉は最近、多くのメディア等で取り上げられることも多くなってきています。どのような障害なのかというと、自分の性に対する不快感そして性の役割に対して不適切感があり、その逆に反対の性に対しての同一感を強く持っている状態のことです。自分の性器が気持ち悪く感じてしまうことや、反対の性の服装や遊びを好むこともあります。身体的な性からの開放として、ホルモン剤による治療を始めることも可能です。

性同一性障害の症状
性同一性障害(FtM:体は女性で心は男性、MtF:体は男性で心は女性)の症状は、体の性別と心の性別が異なっていることで自らの性別に違和感を感じ、自己意識に一致する性を求めることが主となります。この障害を持っている人の大抵は物心がついた時から体と心の性別が異なっていることが多く、そのギャップによって生活に支障をきたす人もいます。心の性と体の性を一致させるため性転換手術をする人も少なくありません。

性同一性障害の原因
性同一性障害のそもそもの原因は、心と身体の性別が合わない事ですが、なぜ、体は男性なのに、心は女性とい った事が現実に起こるのかというと一番の大きな理由は実は、まだ生まれてくる前のお母さんのお腹のなかで脳が発達していく段階にあるとされています。詳しい理由はまだ不明ですが、何らかの成長段階で、脳の性別がからだとの性別と反対になってしまったことが理由のようです。

性同一性障害の検査と診断
性同一性障害であるかどうかを診断するためには、たった一つの方法ではなくて、いろいろ今帰仁を組み合わせて判断することになります。その検査方法は、それを判定する担当の医師によっても少しずつ異なってくる可能性があります。心の病気であるわけですから、患者が訴える症状や、客観的な心理検査などを総合して判断することになると考えられます。

性同一性障害の治療方法
性同一性障害における治療法というのは、精神的な治療と身体的な治療になります。身体的な治療と言うのはホルモン療法を行い、個人で必要であると希望するのであれば、性器に関する手術を行います。精神的な治療は、心と身体の不一致からくる精神的な苦痛に対するサポートを行ったり、将来についてや周囲の人との付き合い方や自尊心を向上させて社会の中での適応力の向上をさせるのことも精神的な治療の役割です。

性同一性障害の初診に適した診療科目

性同一性障害の専門外来

性同一性障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ