学習障害ガクシュウショウガイ

学習障害はどんな病気?
学習障害とは、基本的な全般の発達で遅れを感じることはないが、聞くこと、話すこと、計算すること、読むこと、書くこと、推測することなどのうちのどれかで、使用や習得が難しいと感じる様々な要因を指すものです。この原因については、中枢神経に何らかの機能障害があるものとされており、環境的なことが影響して起こるものではないとされています。


学習障害の症状
学習障害の症状とは、物事などを学習する能力などが欠如し、記憶力などをなくしてしまうことや、新しいことを覚えることに拒絶反応などを起こしてしまうことです。このため、これらの原因などを知る必要があり、対策を行う必要があります。また、運動ができないこと、新たなことを覚えることができないことなどの場合には、周囲の協力によって治すことが必要です。

学習障害の原因
学習障害の原因は、中枢神経系に何らかの機能障害があることによると考えられています。読字障害は大脳の角界などの部位と言語中枢がうまく機能していないことで起きると考えられています。また、前頭前野がうまく機能していないことによって短期的な記憶が難しかったり、同時並行で複数の作業ができないといった不器用さがみられることもあります。

学習障害の検査と診断
学習障害の基準とはどのようなものか。検査方法は専門家の元によって行われます。家庭や学校などで情報を集め、病歴・生育過程・行動など事細かく伝えるのも大事と言われいます。内容によっては知的検査も行うようです。知的検査も学習能力・スクリーン能力・課題を与え解決できるかの検査などを行うようです。こちらは必ず専門家が検査し判断されます。

学習障害の治療方法
学習障害の治療法は、医学的には確立されていません。ですが、治すのではなく、より良い生活をするために、促すことは、可能です。まずは、できないことを叱るのではなく、理解をしてあげることです。理解をしてあげることです。そして、できたら、誉めてあげることが一番の治療です。また、集中力や注意力を高めるのに薬物療法などの治療もあります。

学習障害の初診に適した診療科目

学習障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ