アンジェルマン症候群アンジェルマンショウコウグン

アンジェルマン症候群はどんな病気?
アンジェルマン症候群は,重度の運動発達遅滞もしくは精神遅滞,重篤な言語障害,歩行失調や四肢の振戦,頻繁に笑ったり,微笑んだり興奮したりといった不適当に愉快なふるまいをする独特の行動で特徴づけられます。


アンジェルマン症候群の症状
小頭症と痙攣発作などもよくみられます、発達遅滞はおおよそ生後6か月ごろに最初に気づかれる徴候ですが、特徴的な所見は1歳を過ぎるまでは出現せず,正確な診断がつけられるまでに数年を要することもあります。

アンジェルマン症候群の初診に適した診療科目

アンジェルマン症候群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ