膵ガン (すい臓ガン)スイガン

膵ガン (すい臓ガン)はどんな病気?
膵臓から発生したがんのことをいいます。膵ガン(すい臓ガン)とは、すい頭部に多く見られ、そのほとんどの場合すい管から発症するがんで、全体の90%以上を占めています。


膵ガン (すい臓ガン)の症状
特に早期の膵がんに特徴的な症状はありません。初期症状は上腹部の不定愁訴(ふていしゅうそ)で、膵ガンを第一に疑うことは困難です。ガンの進行とともに、胃のあたりや背中が重苦しい上腹部痛(背部痛)、腹部腫瘤(しゅりゅう)、体重減少などが出現します。身体がかゆくなったり、尿の色が濃くなったりもします。黄疸は、膵臓の頭部にがんができて、胆管がつまってしまった時におこるのですが、胆石や肝炎などが原因の時もあります。そのほか、膵がんができると、糖尿病を発症したり血糖のコントロールが急に悪くなったりすることがあります。

膵ガン (すい臓ガン)の初診に適した診療科目

膵ガン (すい臓ガン)の専門医

膵ガン (すい臓ガン)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ