腎ガン (腎臓ガン)ジンガン

腎ガン (腎臓ガン)の原因
原因は、特殊な腎ガン(腎臓ガン)を除いて正確にはまだ分かっていません。今のところ、腎ガン(腎臓ガン)の発生を予防することはできません。治療の事を考えると、とにかく早期発見に努めるしかありません。 

腎ガン (腎臓ガン)の検査と診断
尿の検査では、尿の中に血液があるかどうか、またがん細胞があるかどうかを調べます。画像検査では、超音波検査、CT検査、血管造影検査(静脈性腎盂造影・腎動脈造影)などで腎臓の形の様子や動脈の状態を調べます。また、尿検査や血液検査では腎臓がんであるかはっきり確定することができないので、腎臓がんの可能性がある場合は画像検査を行います。

腎ガン (腎臓ガン)の治療方法
腎臓を全摘出したり一部のみ取り除く手術が行なわれることがあります。全摘出したとしてもがんが再発することがありますので術後のケアが大切です。インターフェロンという薬を使った免疫療法もあるのですが、副作用が強くて治療をやめる人もいます。副作用は食欲不振、だるさ、うつ、肝機能障害など様々です。効果もあるのですが、安全な薬とは言えない部分もあります。

腎ガン (腎臓ガン)の初診に適した診療科目

腎ガン (腎臓ガン)の専門外来

腎ガン (腎臓ガン)の専門医

腎ガン (腎臓ガン)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ