溶連菌感染症ヨウレンキンカンセンショウ

溶連菌感染症はどんな病気?
溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌という細菌が、主にのどに感染して咽頭熱や扁桃炎、発熱などを引き起こすものです。子供に多く、大人は感染しても発熱せず、喉の痛みだけですむ場合も多いです。特徴的な症状は、イチゴ舌と呼ばれる舌にツブツブができるものと、喉の奥が赤くなるものです。治療には抗生物質が用いられますが、症状が治まったあとも細菌が残るため、通常一週間~10日以上服用が必要です。

溶連菌感染症の症状
溶連菌感染症の症状として一般的なのは、呼吸器感染です。感染後、数日間の潜伏期間を経て、喉の痛みや咳、発熱が起きます。軟口蓋や扁桃部分が赤く腫れ、炎症を起こします。また、頭痛や腹痛、倦怠感を伴うこともあります。その後、首や胸から全身に細かい発疹を伴います。発病後に舌が白くなり、3~4日すると赤い苺のようなブツブツが現れます。苺状舌と呼ばれるもので、この病気に特徴的なものです。

溶連菌感染症の原因
子供がかかりやすく、他の部位に大きな合併症を引き起こす恐れのある溶連菌感染症という病気があります。感染症の主な原因はA群の溶血性連鎖球菌という細菌です。呼吸器感染が特徴であり、風邪などで抵抗力が下がっているときや、咳や唾液などの飛沫感染によって咽喉、扁桃腺、鼻の粘膜に菌が付着し、感染するために発症することが多い病気です。

溶連菌感染症の検査と診断
溶連菌感染症の検査方法は、まず医師による症状の確認かた行われます。主に子供に多いのですが、まずは大人も子供ものどの赤み、いたみ、舌の赤みやぶつぶつを確認します。そして複数特徴が見られた場合、のどの粘膜を採取します。そこに溶連菌という細菌が見られると感染していると判断されます。この方法は数分で判断できます。また、のどから細菌を採取、培養して判断する方法もあります。

溶連菌感染症の治療方法
溶連菌感染症の有効・適切な治療法は抗生物質の服用です。服用することで発熱は1~2日前後で平熱下がり、発疹や喉の痛みも1週間以内で収まります。とは言え、発熱や発疹が例え収まっても、それで細菌が完全に身体から消えたわけではありませんので、病院で処方された抗生物質を最後までキチンと指示通りに飲むことが大切です。ウイルス性の風邪と違い細菌性の病気なので自然治癒はありません。

溶連菌感染症の初診に適した診療科目

溶連菌感染症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

溶連菌感染症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ