子宮発育不全シキュウハツイクフゼン

子宮発育不全はどんな病気?
子宮の大きさが年齢に応じた正常な子宮と比べて小さい場合を子宮発育不全といいます。


子宮発育不全の原因
先天的な子宮発育不全としては、ミュラー管の発育不全が原因であることが多くあります。

子宮発育不全の治療方法
先天的な子宮発育不全は、治療は不可能であり、妊娠することも困難です。後天的な場合は、治療としてのホルモン療法が試みられることがあります。

子宮発育不全の初診に適した診療科目

子宮発育不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ