水痘・水ぼうそう(小児)スイトウ・ミズボウソウ(ショウニ)

水痘・水ぼうそう(小児)はどんな病気?
水疱(すいほう)化する発疹が特徴的な病気です。


水痘・水ぼうそう(小児)の症状
発熱と同時に全身倦怠感、食欲低下、頭痛、腹痛などがみられる場合もあります。発疹は最初体や頭、顔などから出はじめ、次第に全身に広がります。はじめは赤い小さな丘疹(きゅうしん)で周囲に紅斑を伴っていて、虫刺されによく似ています。これが1~2日たつと直径2~3mmくらいの水疱となり、かゆみを伴います。発疹はこのあと乾いたり破れたりしてかさぶたをつくり自然に治っていきます。

水痘・水ぼうそう(小児)の初診に適した診療科目

水痘・水ぼうそう(小児)の専門外来

水痘・水ぼうそう(小児)の専門医

水痘・水ぼうそう(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ