子宮頸管炎シキュウケイカンエン

子宮頸管炎はどんな病気?
子宮頸管炎とは、子宮頸部が炎症を起こし膣炎などから子宮頸部内より病原体が、上行性感染によって広がります。主な病原体は、クラミジア菌、淋菌などの細菌です。分娩や、人工妊娠中絶時に比較的弱く傷つきやすい部分なので、感染しやすいくなります。膣と同様、女性で一番感染を受けやすい部分でもあります。細菌では、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌などの感染も多くなってきています。


子宮頸管炎の症状
子宮頸管炎では、この病気のみでは症状がないことも多いです。子宮内膜や骨盤などにも炎症を起こし、異常が見られることも多いです。一般的に、性病にみられるような下腹部痛や微熱、腰痛などの異常のほか、粘りのある帯下などが見られます。慢性のものであると、このような帯下や性交痛、腰痛が長い間続き、なかなか治らないということもあります。

子宮頸管炎の原因
子宮頸管炎は、膣炎などから感染しておこることが多いといわれている病気です。原因である菌には、淋菌やブドウ球菌、クラミジアなどが関係します。膣とともに子宮頸管は外部に近く感染に弱いため影響を受けやすいことも要因です。また、経産婦の多くがかかるとされ、分娩や人工妊娠中絶などにより子宮頸管を損傷するために炎症が起きることもあります。

子宮頸管炎の検査と診断
子宮頸管炎は、子宮の入り口が細菌に感染することにより起こるため、検査方法は、まず医師と症状やいつからおこったのかなどの問診を行い、内診台にあがり、専用の綿棒で子宮頸管から分泌物をとりだし、細菌培養や薬剤感受性検査とよばれる方法で行われます。血液を一緒に調べる場合もあります。とくに、淋菌培養検査や、クラミジア抗原検査は非常に重要です。

子宮頸管炎の治療方法
子宮頸管炎とは、子宮の頸管部が細菌によって感染してしまい炎症を起している症状のことをいいます。そのためこの治療法としては、炎症を起させている原因菌を特定して、適切な抗生物質を投与してあげることでほぼ100パーセント完治することができるのです。稀に炎症が子宮にまで及んでしまうことがあるのでできる限り早く婦人科を受診すべきなのです。

子宮頸管炎の初診に適した診療科目

子宮頸管炎の専門外来

子宮頸管炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ