尿道カルンクラニョウドウカルンクラ

【尿道カルンクラはどんな病気】

女性の尿道腫瘍で最も多い病気です。外尿道口付近の後壁にできる暗赤色の腫瘍で、閉経後の経産婦に多くみられます。

【尿道カルンクラの症状】

大きくならない限りは痛みを感じることは少ないです。出血をすることが多く、排尿時に気がつき発見することが多いです。

【尿道カルンクラの原因】

尿道出口に生じる血豆のようなできものです。

【尿道カルンクラの検査と診断】

内診により診断されます。

【尿道カルンクラの治療】

塗り薬等で様子をみながら、その後、手術によって取り除くことをするのが一般的です。 悪性ではないので、小さなものは症状がないことが多く、その場合は治療は不要です。

尿道カルンクラの初診に適した診療科目

尿道カルンクラの専門外来

尿道カルンクラに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ