急性膀胱炎キュウセイボウコウエン

急性膀胱炎はどんな病気?
急性膀胱炎は細菌が尿道内に侵入し、繁殖して膀胱粘膜に炎症をおこす疾患のことです。とくに女性は尿道が肛門や膣に近いところにあるので、細菌が侵入しやすいため、女性に多くみられる疾患です。長時間トイレを我慢したり、過度なストレスや、疲労からくる抵抗力の低下なども大きな要因となります。突然の頻尿や排尿後の強い痛み、尿の混濁や血尿を伴うこともあります。

急性膀胱炎の症状
急性膀胱炎とは、一般的に言っている膀胱炎のことです。膀胱炎は、尿道から尿管を通って細菌が膀胱にまで達し炎症を起させる症状のことを言います。多くが性行為や疲労などで免疫が弱っている時に起こるとされています。治療法としては、炎症を起している細菌を特定し適切な抗生物質を投与することで1、2週間ほどで完治することがほとんどです。

急性膀胱炎の原因
急性膀胱炎は、急性だけでなく膀胱炎のたいはんは、尿道から侵入してきた細菌感染が原因で病気になります。そして侵入してくる細菌は大腸菌によるものが多いです。特に男性に比べ女性は尿道が短く、そして膣や肛門が尿道から近い場所にあるので細菌が侵入しやすいく女性に起こりやすい病気です。滅多には無いですが、細菌以外ではウイルス感染、薬剤、放射線によるものなどがあります。

急性膀胱炎の検査と診断
急性膀胱炎の検査方法としては、尿検査が有効で、臨床症状と合わせて診断されます。尿に混濁が見られ、尿検査では、膿尿、白血球や細菌の混入が見られる細菌尿が認められます。症状が長く続く場合や繰り返す場合は、前立腺肥大症、前立腺がん、膀胱結石、膀胱腫瘍、尿道の狭窄、神経因性膀胱、膀胱異物など、泌尿器科的な疾患が隠れている可能性もあるので、早めの受診が必要です。

急性膀胱炎の治療方法
急性膀胱炎の治療法は、抗生物質、抗菌剤などがあります。また、ヒトが生来持っている治癒力でも対応できるケースがあります。ただし水分を多く補給するといったり、トイレに行く回数を増やすなどしないと回復は遅い傾向にあります。また痛みが収まったあとでも、完治はしていない場合があるため、抗生物質や抗菌剤は長めに使用した方が良い傾向にあります。

急性膀胱炎の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

急性膀胱炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ