陰茎折症インケイセッショウ

陰茎折症はどんな病気?
陰茎折症は勃起した陰茎に極度な力が加わった事により、浅陰茎背静脈などの血管の破裂による内出血や、陰茎海綿体を包む白膜などの組織が断裂してしまい、陰茎が変形したり腫れ上がったりする外傷です。内出血が起こる為に広範囲にわたり腫れたります。また折れた時には破裂音がする場合もあります。治療は外科手術による結合・修復を行います。早めの治療をしないと後遺症が残る場合もあります。

陰茎折症の症状
陰茎折症では、陰茎が折れたような感覚を感じることがあります。海綿体の損傷の瞬間には破裂するような音が聞こえることもあります。その後は、それまでに比べて陰茎が左右のどちらかに曲がっていたり広い範囲に赤や紫色の腫れが認められます。この色の濃い腫れは、内出血による症状です。陰茎が腫れたり曲がっていても、排尿には影響がないことが外傷です。

陰茎折症の原因
陰茎折症とは、朝立ちや興奮したときに勃起した状態で、過度の負荷がかかることによって発症します。陰茎は陰茎海綿組織の膨張によって硬くなります。セックス時、特に女性が体位を無理に変化させたり、朝立ちの状態でお子様に踏まれたり、手指で勃起の角度と反対側に曲げたりするなどの行為、勃起時に重いものを落としたりすることが原因となって発症します。

陰茎折症の検査と診断
陰茎折症の検査方法としましては、陰茎の変形や著しい皮下出血などの症状から、診断は触診でも比較的簡単に判断が出来ます。触診だけで、白膜の断裂部が推定出来る場合もあります。しかし、皮下血腫が広範囲であれば、断裂部位の確定は触診のみでは困難な場合も多く、MRI検査が行われる事もあります。尿道の損傷の発生率が高いので、陰茎尿道X線撮影が行われることもあります。

陰茎折症の治療方法
陰茎折症の治療法としては、基本的に外科手術が可能で、まずは血腫があるかやどの程度の傷を負ったのかを診断して判断します。場合によっては早急に対応しないと勃起不全(ED)や勃起時に痛みを伴う有痛性勃起などの後遺症が残る可能性もあります。また、重度で尿道断裂に至るなどしているものの予後はよくなく、陰茎形成術、尿道形成術などが必要となります。

陰茎折症の初診に適した診療科目

陰茎折症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ