ED (勃起不全)イーディー (ぼっきふぜん)

ED (勃起不全)はどんな病気?
EDとは、男性に発症する病気の一つで、勃起不全のことを示します。生活習慣や精神面などが起因して、勃起がしにくくなってしまう病気です。勃起がしにくくなったり、全く勃起しなくなってしまうと、男女の関係に悪影響を及ぼすことがあり得ます。病院で専用の薬を処方してもらうこともできるため、少しでも不安を感じている方は、まずは病院へ行ってみることをお勧めします。

ED (勃起不全)の症状
EDの症状としては性行為の際に勃起しないことが一番の特徴です。勃起障害や勃起不全を引き起こします。性行為の際に性欲はあるのに勃起しない、勃起状態を維持しにくい、勃起しても満足な堅さでなく性行為に支障が出てしまうなど、正常な勃起に至らない状態を言います。また、それに伴う精神的な苦悩や苦痛も症例として挙げられることがあります。

ED (勃起不全)の原因
EDの原因は大きく4つに分けられます。まず1つ目は動脈硬化や神経に障害あることです。これは加齢によるものや、神経に障害がでる病気によるものです。2つ目は精神的ストレスです。ストレスにより神経の性的興奮がうまく伝わらないために起こります。そして3つ目は先に挙げた1つ目と2つ目の要因が混合したことによるものです。多くの患者がこれによるものだといわれています。そして最後に4つ目は薬剤によるものです。

ED (勃起不全)の検査と診断
EDの検査方法は、国際的な基準によってなされています。これらの検査は国際勃起機能スコア5(International Index of Erectile Function)と呼ばれていて、この問診をやることによって、状況を診断するのです。だいたい5~6問の設問があり、このなかから選択式で答えを選んでいくことで検査するという方法です。

ED (勃起不全)の治療方法
EDは男性の性機能である男性性器の勃起がしなかったり、継続することが困難となるある種の疾患といえます。その原因は老化によるものもありますが、心理的な要因や心臓や血管の病気に伴うものもあります。他の疾患を伴うものであれば当該疾患の治療が済めば収まるものですが、心理的要因に対する治療法は精神科やかかりつけ医に相談するなどして、改善薬やカウンセリングを受けることによって改善されることがあります。

ED (勃起不全)の初診に適した診療科目

ED (勃起不全)の専門外来

ED (勃起不全)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ