急速進行性糸球体腎炎キュウソクシンコウセイシキュウタイジンエン

急速進行性糸球体腎炎はどんな病気?
腎臓のろ過装置である糸球体に炎症がおこる病気を糸球体腎炎とよび、糸球体腎炎のうちで数週から数カ月の短い期間に急速に腎機能が低下する病気を急速進行性糸球体腎炎といいます。


急速進行性糸球体腎炎の症状
血尿が出現することや尿量が減少するなどの症状があります。病気のなり始めには、微熱、だるさ、食欲がないなどの全身の症状がみられます。病気が進行すると、吐き気、息苦しさ、痰や便に血液が混じる、皮膚の出血、意識の低下などが出現します。

急速進行性糸球体腎炎の原因
血液の細胞である好中球が所有している酵素に対する抗体とよばれる蛋白(抗好中球細胞質抗体、ANCA)や糸球体の基底膜に対する抗体(抗糸球体基底膜抗体)などとの関連性が明らかとなってきています。

急速進行性糸球体腎炎の治療方法
腎臓だけではなく全身の強い炎症を治療するために、副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬などを使うことがあります。病勢が強い場合にはステロイドを大量使う療法をおこなうこともあります。また、血液成分を交換する治療法をおこなうこともあります。食事療法として、病気のなり始めには、タンパクや塩分の制限、カロリーの摂取が必要です。尿量が減少しているときには水分の制限も必要となります。

急速進行性糸球体腎炎の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

急速進行性糸球体腎炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ