皮膚カンジダ症ヒフカンジダショウ

皮膚カンジダ症はどんな病気?
皮膚カンジダ症とは、粘膜の常在菌であるカンジダが皮膚に感染して起こる感染症のことです。常在菌であるカンジダは、だれでも保菌しているのですが、弱い菌ですので発病することは殆ど無いのですが、条件が重なると発病することがあります。様々な症状がありますが、カンジダ症の特徴的な症状としては境界の不鮮明な紅斑や小嚢胞が多く現れることです。

皮膚カンジダ症の症状
皮膚カンジダ症は常在菌であるカンジダ菌によってひきおこされる皮膚病ですが、その症状にはいくつか特徴的なものがあります。最もよく見られるのが一般的なかゆみです。またそれ以外にも、ニキビ状の発疹や腫れ、赤みなどが観察されることもあります。カンジダ菌をころす薬剤が含まれる塗り薬を塗布することによってそれらは徐々に収まってきます。

皮膚カンジダ症の原因
皮膚カンジダ症の主な原因は、様々あります。初夏から夏などの高い気温・湿気が多いなどの環境因子であったり、汗をかきやすい、あまり入浴などをしないので身体が不潔な場合、肥満傾向にある人や妊娠中の人、またステロイド薬を内服していたり、糖尿病、悪性腫瘍、膠原病などで身体の免疫力が低下しているなどの状況にあった場合など、色々あります。

皮膚カンジダ症の検査と診断
皮膚カンジダ症の検査方法は、皮膚真菌検査と、培養検査というものがあります。皮膚真菌検査では、顕微鏡で皮膚を見ることで早期に病気を発見することができますが、その菌の種類までを特定するのは困難です。培養検査では、培養に時間がかかりますが、菌により、現れる色が異なり、それによって、どんな種類の菌に侵されているのか、特定することができます。

皮膚カンジダ症の治療方法
皮膚カンジダ症の治療法は、大きく二つに分けることができると考えられています。一つ目は、原因菌であるカンジダを除去する治療を行うということです。この場合は、カンジダを抑えるような比較的強い薬剤を患部に塗布することによって行います。もう一つは、常在菌であるカンジダを無理に抑え込むのではなく、もともとの状態である共存を成立させるという考え方です。

皮膚カンジダ症の初診に適した診療科目

皮膚カンジダ症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ