化膿性汗腺炎カノウセイカンセンエン

化膿性汗腺炎はどんな病気?
化膿性汗腺炎は、汗腺であるアポクリン腺にブドウ球菌が感染し化膿することで起こります。脇の下や乳房の下、外陰部、肛門の周囲に痛みのあるおできができます。赤く腫れ、皮膚の中に膿瘍ができます。膿が外にでるといったんは治りますが、再発を繰り返すことが多くあります。治療は切開し膿をだし、抗生物質の内服治療を行います。慢性化し治りにくい場合には、切除手術を行うこともあります。

化膿性汗腺炎の症状
化膿性汗腺炎は、アポクリン汗線がたくさんある場所に起こり急性や慢性の化膿性の病気であり、症状としては思春期から青壮年期の人で、乳房の下外陰部、お尻や肛門などの周囲に出来ます。まずは傷みのあるしこりが出来てそれが赤みが出てドーム状に腫れて皮膚のなかで膿瘍を作り膿が出ていったん治ります。この病変が、長期にわたり繰り返すことがあります。

化膿性汗腺炎の原因
この化膿性汗腺炎の主な原因は、表皮ブドウ球菌が多い事が特徴です。この病気の発症する部位が、腋の下や股間の付近など、皮膚の摩擦が起こりやすく、発汗の多い部位であることから、毛穴が詰まることが症状の要因となります。この症状での細菌への感染は二次的なもので、この病気の要因としては腋毛を処理するこで起こる事があり、締め付ける下着もこの症状の大きな要因となります。

化膿性汗腺炎の検査と診断
化膿性汗腺炎の検査方法は主に皮膚科で受診を行います。産婦人科でも受け付けてくれるところもあります。見診では判断は容易にできるので時間はかかりませんが、膿などが出た時は細菌培養検査を行いますが、症状によっては長期間かかる時があります。また、似たような病気と間違えられることがあるので診断を受けるときは慎重に行うことが大切です。

化膿性汗腺炎の治療方法
拮抗薬の服用によって、症状が軽い状態の化膿性汗腺炎を治療することが出来ます。患部に膿が溜まっている場合は、膿を全て取り出すための切開手術を受ける事で、発熱と痛みの症状を改善させることが出来ます。溜まっている膿が少ない場合は、抗生物質を内服する治療法で患部の腫れを治すことが出来ます。症状が重い時は患部を切除する必要があります。

化膿性汗腺炎の初診に適した診療科目

化膿性汗腺炎の専門外来

関連部位から他の病名を探す

化膿性汗腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ