腋が(腋臭症)ワキガ(エキシュウシュウ)

【どんな病気】 汗やいやなにおいがあるのを臭汗症といいます。

【症状】
わきの下、外陰部、臍の周囲、乳輪などにはアポクリン汗腺がたくさんありますが、思春期の頃から、発汗が盛んになります。たくさん汗をかいてそのままにしていると、皮膚表面の細菌が汗を分解して特有の臭気を発生することがあります。とくに脇の下が不快な臭気を放つ場合を腋臭症(わきが)といいます。ただし、必要以上に臭いを気にする心因性のこともあります。

【原因】
アポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けているので、思春期になると分泌が活発になります。アポクリン汗腺から分泌される汗は蛋白成分を多く含んでいます。アポクリン汗腺から分泌された直後の汗にはにおいはありませんが、細菌により分解されることによりにおいを発するようになります。アポクリン汗腺の汗がにおう体質は遺伝します。

【検査と診断】
腋の下の汗をガーゼなどでぬぐい、においを嗅ぐことにより診断できます。

【治療法】
制汗剤(せいかんざい)による外用治療を行います。制汗剤としては塩化ベンザルコニウム液や塩化アルミニウム液が用いられます。においが強い場合は、手術で腋の下のアポクリン汗腺を取り除くと臭いはなくなります。

【日常生活の注意点】
予防は、汗のたまりやすい局所をつねに清潔にすることです。風通しの良い衣服を選び、汗がたまりやすい部分は時々拭き取るようにしましょう。

腋が(腋臭症)の初診に適した診療科目

腋が(腋臭症)の専門外来

関連部位から他の病名を探す

腋が(腋臭症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ