男性型脱毛症ダンセイガタダツモウショウ

男性型脱毛症はどんな病気?
頭頂部の髪のボリューム低下や前頭部の生えぎわの後退は男性型脱毛症の可能性があります。男性ホルモンが主な原因と考えられ、思春期を過ぎた男性に症状が現れます。その他にも日常の食生活やストレスなどの関与も考えられています。この病気は進行形ですので、改善したい場合は医療機関への早期受診が良いです。治療法は問診検査後、外用薬・内服薬が処方され、個人差はありますが半年程で改善の兆候がみられる事が多いです。


男性型脱毛症の症状
男性型脱毛症の症状は前頭部・頭頂部の毛髪が薄くなる事であり、若い人だと20代で発症する事もあります。遺伝子によって脱毛症になる事が濃厚となっていて、母方の祖父が薄毛だと将来薄毛になる可能性が高くなっています。なお、抜け方は一気に抜けるのではなく数年にわたって徐々に抜けていく事が一般的で、治療せずにそのまま放っておくと薄毛が進行します。

男性型脱毛症の原因
男性型脱毛症の原因は、遺伝的要素や男性ホルモンの分泌が脱毛を引き起こさない人よりも分泌が多いことによって発症するといわれています。近年、この遺伝的要素においては、脱毛症に悩んでいる人の男性ホルモン(アンドロゲン)受容体の遺伝子に、変異的な異常があることがわかってきました。アンドロゲンはX染色体の上にあります。よって母親の家系に脱毛症の方がいると発症の可能性が高まります。

男性型脱毛症の検査と診断
男性型脱毛症は、主に頭部の髪の部分に発症する事がほとんどであるので、頭部の皮膚の質などを検査する検査方法があります。皮膚科などで検査しています。検査の仕方は、脱毛に陥っている人の頭部の皮膚の成分を調べます。特に頭部の皮膚の脂質の成分を検査します。理由としては、頭部の皮膚の脂質が多ければ多いほど脱毛に陥りやすい傾向にあるからです。

男性型脱毛症の治療方法
男性型脱毛症の治療法はいくつかありますが、現在そのなかでも効果的な治療は、フィナステリドやミノキシジルでの毛髪の再成長で、医学的にも十分効果が証明されています。しかし治療で髪を増やす為には継続させる必要があり、最低でも半年は続けないと効果的とは言えません。ひとによっては2年前後まで掛かる人もいます。時間が掛かるのかは毛周期のためです。

男性型脱毛症の初診に適した診療科目

男性型脱毛症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ