尋常性疣贅ジンジョウセイイボ

尋常性疣贅はどんな病気?
尋常性疣贅は、ヒト乳頭腫というウイルスが皮膚に感染してできるいぼです。子どもによく見られる症状ですが、第三者にはほとんど感染しませんので伝染の心配は必要ありません。治療法も非常にわかりやすく、単純に免疫力を高めることで無くすこともできますし、液体窒素を利用して患部だけを凍らせる方法もあります。どの道、大きな痛みを伴う治療法ではありませんので安心して治療できるのです。

尋常性疣贅の症状
尋常性疣贅の症状は、簡単に言えば体にイボが出来ます。しかし、単純にイボが出来るというものではなく、この場合はウイルス性のものです。なので、放っておくと拡大していき非常に大きなものに発展してしまう可能性があります。主に手足の爪の周りや、膝周辺に出来ますが、かゆみや痛みなどの感覚的なものは生じないのが通常です。なので、悪化しないと発見出来ないケースが有ります。

尋常性疣贅の原因
尋常性疣贅は主にウイルスが原因で起き、イボ自体ほとんどがこの人乳頭腫ウイルス(イボウイルス) に感染して出来るのです。発症するのはこのウイルスに抵抗力がない人で、大半は手や足、指や爪に感染しイボになります。ウイルス感染症といっても他人にはあまり感染することはありませんが、自分の皮膚には感染することがあるので、その場合イボの数が増えてゆきます。

尋常性疣贅の検査と診断
検査方法はイボがある部分の皮膚を少し採り、病理検査をおこなってイボの種類を診断します。尋常性疣贅はヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染によって生じるため、病理検査の結果これらのウイルスが発見されれば診断が確定されます。しかしながら、多くの場合は皮膚の生検を行うまでもなく臨床症状からイボの種類を判断することが可能です。

尋常性疣贅の治療方法
尋常性疣贅の治療法は早めに発見し、増える前に治療することが大切です。通常、皮膚科専門医の元では液体窒素を用い、綿を巻きつけた棒などに含ませたものを数回、患部に静かに押し当てて、凍結させることと融解することを繰り返します。その後、患部は血まめのような状態になり、それがかさぶたとなり自然に取れるという経過をたどります。内服薬のヨクイニンを投与して治療する場合もあります。

尋常性疣贅の初診に適した診療科目

尋常性疣贅の専門外来

尋常性疣贅に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ