たこタコ

たこはどんな病気?
たことは、皮膚の下に骨などがある部位にできる淡黄色で扁平のやや楕円形をした眼局性の角質増殖の病気のことを言います。症状としては、軽い圧痛やひび割れなどが起きます。この病気の原因は、歩行や運動による異常、座る姿勢による異常、窮屈な靴によるものなど、外部から長期間摩擦などの刺激が加わることで起こります。主な発症部位は、手のひら、足底、足背などです。


たこの症状
たこは皮膚の下にできる症状です。とくに重い病気、怪我ではありません。角質の増殖が、表面化に向かって出てきたときにできます。痛みも全くないといっていいほどありません。しかし、放っておくと魚の目になり痛みを伴う可能性が出てきます。だから、治療はすぐにしましょう。ちなみに、魚の目は、内部に向かって増殖します。魚の目は痛みを伴います。

たこの原因
たこは足などに膨れた出来物みたいな物ができてとても痒くなったりもする出来物の事であり男女問わず年齢も問わずとても多くの方が足などにできたりする人がとても多くいらっしゃいます。もしできてしまった方は、ほっとかないですぐに自分の住んでいる近辺にある医療機関などに足を運んでそこで医師に診てもらうことを推奨します。病院ならすぐに原因を突き止めて処置をしてくれるかと思います。

たこの検査と診断
たこは足などに膨れた出来物みたいな物ができてとても痒くなったりもする出来物の事であり男女問わず年齢も問わずとても多くの方が足などにできたりする人がとても多くいらっしゃいます。もしできてしまった方は、ほっとかないですぐに自分の住んでいる近辺にある医療機関などに足を運んでそこで医師に診てもらうことを推奨します。病院ならすぐに原因を突き止めて処置をしてくれるかと思います。

たこの治療方法
皮膚に対する圧迫や摩擦が原因でできる「たこ」。皮膚病の一つではありますが、良性腫瘍なので必ずしも除去しなければならないものではありません。痛みの元である芯を取り除くことが重要なので、メスに切除もしくはレーザーによる治療法があります。しかし、自宅でも治療は可能です。専用の軟膏やテープが薬局には沢山あるので、気になるものを試してみてはいかがでしょうか。

たこの初診に適した診療科目

たこに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ