悪性貧血アクセイヒンケツ

悪性貧血はどんな病気?

悪性貧血とはビタミンB12と葉酸が不足して起こる貧血のことです。ビタミンB12が不足することによって、赤血球の前段階である赤芽球が作られずに巨赤芽球が骨髄の中に貯まっていくようになります。それにより貧血や意識障害、舌炎などが症状として現れます。治療にはビタミンB12の注射や錠剤で不足しているビタミンB12や葉酸を補い、ビタミンB12吸収因子が少ない人には因子が必要ない筋肉注射をします。


悪性貧血の症状
悪性貧血の症状とは、一般的には貧血という形で外部に現れてきます。立ちくらみがしてしまったり、運動が長続きできなかったり、すぐに息切れしてしまったり、または他にも舌が炎症を起こすなどの外見的な変化もでてくるものとなっています。口内炎ができたり、手足がしびれたり、皮膚の感覚が麻痺したりと、すぐにわかる変化がでてくるので診断は比較的簡単です。

悪性貧血の原因
悪性貧血とは、正常に赤血球が形成されない病気のことを言います。ビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こるもので、食事による不足、胃の疾患が原因でこれらが欠乏します。胃粘膜の萎縮によってタンパク質が含まれる内因子の低下によって欠乏が起こる為、ビタミンB12が結合出来ないのと同時に、壁細胞も自己免疫で攻撃されて消滅している自己免疫性萎縮性胃炎によるものとされています。

悪性貧血の検査と診断
悪性貧血とは、胃壁細胞によってつくられる糖たんぱく質が低下し、ビタミンB12が欠乏すると発症する貧血のことです。シリング試験により、尿中の放射性ビタミンB12の活性状態を調べることで、病気を見つけることができます。その他にも、上部消化管内視鏡により胃の委縮を調べたり、血液検査により鉄の代謝状態を調べたり、決算を調べる検査方法があります。

悪性貧血の治療方法
悪性貧血を治療法を確定するためには、まずビタミンB12が欠乏しているのか、葉酸が欠乏しているのか調べる必要があります。どちらが不足しているのか分かれば、ビタミンB12、あるいは、葉酸を錠剤などで補給すると改善されます。しかし、ビタミンB12を大量に摂取してもビタミンB12を吸収する胃の働きが不十分な場合には、改善されません。その場合には、胃の吸収を介さない筋肉注射でビタミンB12を補給します。

悪性貧血の初診に適した診療科目

悪性貧血の専門外来

悪性貧血の専門医

悪性貧血に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ