主婦湿疹シュフシッシン

主婦湿疹はどんな病気?
水仕事が多い主婦の手に湿疹が多く表れることから手湿疹のことを主婦湿疹とも言います。食器用洗剤でかぶれてしまうケースが多いです。かぶれて痛くても痒くても毎日の主婦業で水仕事は避けられないので、手荒れ防止の手袋をはめたり、洗剤を手荒れしにくいものに変える、ハンドクリームを常用するなどケアが必要です。重度の場合は皮膚科で処方箋をもらいます。


主婦湿疹の症状
主婦湿疹とは、水仕事をすることが多い主婦、職業の方に多く見られます。主な症状として手や指先、爪の周りにかゆみを伴う水ぶくれや赤いポツポツとした出来物が見られます。かゆみのほかにもあかぎれのような痛みを感じることもあります。かゆみとともに皮膚がポロポロと剥がれ落ちる、爪の形が変形するといった特徴も見られる場合もあります。指が腫れているような感覚があり、曲げづらいなどの感覚も出る方もいます。

主婦湿疹の原因
主婦湿疹の原因とは、主婦が毎日行う水仕事が関係しています。毎日台所で洗剤を使う事で手の水分が無くなってしまうのです。これは素手で家事を行う為に起こります。家庭用の食器洗剤を素手で毎日使う事で手の油分や水分が無くなり、常に乾燥した状態になるのです。主婦は毎日のように料理や家の掃除に水や洗剤をよく使用します。それにより手が痛んでくるのです。

主婦湿疹の検査と診断
主婦湿疹とは、毎日の家事(炊事や洗濯などの水仕事)の繰り返しが原因で起こるかぶれなどの症状のことです。洗剤や石鹸などにより手の脂が失われ保護膜がなくなったために、物をつかむなど大きな衝撃や刺激物の侵入が原因で起こる病気です。検査方法は検診と問診が中心となって行いますが、アレルギー性接触皮膚炎との判別をするため、パッチテストなども行います。

主婦湿疹の治療方法
主婦湿疹の治療法はまず炎症を治す薬を手にぬります。素手で洗剤を使用したり水を繰り返し使えば症状を悪化させてしまいいつまでも治らない為に、家事をする時には必ず手袋を着用します。そして炎症がある程度おさまりましたら、保湿を行います。これは寝る前にも保湿クリームをたっぷりと塗り、手袋等をして寝るようにします。すると次第に症状がおさまります。

主婦湿疹の初診に適した診療科目

主婦湿疹の専門外来

主婦湿疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ