潰瘍性大腸炎カイヨウセイダイチョウエン

潰瘍性大腸炎はどんな病気?
潰瘍性大腸炎とは大腸に炎症が起こることにより、びらんや潰瘍ができる病気のことで、通常の場合炎症は直腸から始まっていきます。まだ原因のはっきりとしない病気ですが、免疫異常が原因ではないかという説が有力となっています。どの年齢にも発症例はありますが、20歳~50歳代に多くなっています。治療法としては、原因がわからないため根本的な治療法は確立されていません。

潰瘍性大腸炎の症状
潰瘍性大腸炎の症状について説明させていただきます。主に、下痢や発熱、粘血便や腹痛、貧血などを挙げることができます。血便によって多量の出血を伴って貧血を起こしたり、激しい下痢に伴って体重の減少などにも繋がっていきます。その他にも、口内炎や肛門の周囲が膿んでしまったりなど、様々な病気を伴うこともあり得るため、非常に重い病気であると言えます。

潰瘍性大腸炎の原因
潰瘍性大腸炎は、残念ながら少なくとも現在においては、これが発症する原因は特定されていません。何らかの理由により、大腸の粘膜に炎症がおこって、そこに潰瘍ができてしまうわけですが、この病気が発見されてからかなりの年月がたつにもかかわらず、いまだにその機序などが解明されていません。それがゆえに、いわゆる難病に指定されています。

潰瘍性大腸炎の検査と診断
潰瘍性大腸炎についての検査方法は、便検査・血液検査・大腸造影検査・内視鏡検査があります。便検査は、大腸の炎症による出血の有無を調べ、同時に最近の有無についても調べます。血液検査では全身状態を調べます。次に、肛門から造影剤のバリウムを注入し空気を入れて腸を膨らませ、X線写真を撮る、大腸造影検査を行います。肛門から内視鏡を入れ大腸の様子を把握する内視鏡検査を行います。

潰瘍性大腸炎の治療方法
潰瘍性大腸炎の治療法は軽症の場合は、アミノサリチル酸製剤やステロイド薬の内服を行います。炎症が左半部に限られている場合のみ、ペンタサやステロイド薬の注腸製剤を腸の中に注入する場合もあります。重症ならば入院し、ペンタサ、サラゾピリンの内服に加え、ステロイド薬を静脈内投与します。腸管を安静にするために食事は食べれず、中心静脈栄養が必要になることもあります。

潰瘍性大腸炎の初診に適した診療科目

潰瘍性大腸炎の専門外来

潰瘍性大腸炎の専門医

潰瘍性大腸炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ