パジェット病パジェットビョウ

パジェット病はどんな病気?
パジェット病は、皮膚にできるがんの一種です。乳頭部に発症する乳房パジェット病と、主に外陰部、肛門の周囲、腋きの下に発症する乳房外パジェット病に分けられます。

パジェット病の症状
どちらもパジェット細胞というがん細胞が表皮に広がって、さまざまな皮膚の症状、かゆみや痛みを伴います。乳房パジェット病は乳頭に近い乳管上皮から発生し、それが乳頭表面の皮膚にまで入り込んで(浸潤といいます)広がったもので、いわば乳がんの特殊な種類と考えられます。乳房外パジェット病は皮膚の表皮の中にパジェット細胞が発生し、それが広がっていったもので、ほかの臓器のがんを合併することがあります。

パジェット病の初診に適した診療科目

パジェット病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ