腎細胞がんジンサイボウガン

腎細胞がんはどんな病気?
腎細胞がんはがんの中でも非常にゆっくりと大きくなっていくタイプのがんです。ですが静脈のなかに腫瘍が広がる傾向が強いため、他の臓器への転移が生じやすいです。転移は肺や骨、肝臓や脳、リンパ節に多く見られます。血尿や体重減少、発熱などの症状が現れます。また抗がん剤治療や放射線治療が効きにくいため、免疫療法が主な治療法となります。


腎細胞がんの症状
腎細胞がんについて、まず始めに確認されていく事が無症候肉眼的血尿がでてきてしまうということです。これは最も重要な症候です。腰背部疼痛や腹部腫瘤がみられるようになってきます。腫瘍がかなり大きくなってからおこるものです。その他に、発熱や貧血、食欲の不振、身体全体の倦怠感、体重減少などの腫瘍随伴症状がみられるようになっていきます。

腎細胞がんの原因
腎細胞がんの原因は現在でもわかっていないものになっています。罹患のリスクをあげる生活習慣としてあげられることで危険なものが喫煙です。この場合喫煙者は2倍もかかりやすくなっています。また長期間の透析などを行っている場合にもかかりやすくなっています。そのほかに、肥満や高血圧、糖尿病などのものがあげられるものになっています。

腎細胞がんの検査と診断
腎細胞がんの診断のための検査方法は、画像検査が中心で、ふつうは、まず腹部超音波検査が行われます。この検査によって、腫瘍が良性か悪性かの判断もかなりできます。転移の有無や腫瘍の状態をさらに詳しく知るためなどの目的で、必要に応じて、腎血管造影、骨シンチグラフィー、胸部X線撮影、血液検査などが行われます。骨シンチグラフィーのシンチグラフィーは、核医学検査という意味です。

腎細胞がんの治療方法
腎細胞がんとは、腎臓にできるがんのことで多くが50代から70代の人にできるがんなのです。このがんの治療法としては、外科的手術と薬物療法の2つが上げられます。外科的手術は転移が進んでいない状態であれば最も効果がある治療です。またがんが広がっていても腎臓がんようの抗がん剤を用いることでかなり効果が出るという医学的データーがあります。

腎細胞がんの初診に適した診療科目

腎細胞がんの専門外来

腎細胞がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ