甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)コウジョウセンガン

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)はどんな病気?
甲状腺がん(甲状腺悪性腫瘍)は、全がん症例のうちの1%程度であり、男性の3倍ほど女性に多く、30代から50代に発症しやすくなっています。もっとも多い乳頭がんは予後がよく、硬いしこりがつくられます。次に多い濾胞がんは、肺や骨に転移しやすく、良性のしこりに似ています。これらの治療は手術となり、全摘出術を受けた場合は、甲状腺ホルモン剤を一生服用することになります。しかし病巣を完全の摘除できた場合にはほとんどが治癒します。


甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)の症状
甲状腺がん(甲状腺悪性腫瘍)にかかりやすいのは主に男性よりも女性が多くなります。首のところにある気管部分に甲状腺がありそこに悪性の腫瘍ができるとがんになります。女性に多い原因は乳頭がんとしてできるがんで甲状腺関係の大部分を占めています。声が出にくくなったり喉の痛みや違和感があるときは検査をすることで発見されることがありますが症状がない人もいるので注意が必要です。

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)の原因
甲状腺がん(甲状腺悪性腫瘍)の原因として、ヨードの過剰摂取または摂取量不足、放射線被爆、遺伝、肥満があげられます。放射性物質の中で甲状腺に害を及ぼす「ヨウ素131」は、甲状腺に入ると直ちに甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続けるため、甲状腺の機能を低下させ、障害や癌などを引き起こすことになります。髄様癌については「RET遺伝子」の変異からなり、家族性に発症します。

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)の検査と診断
甲状腺がん(甲状腺悪性腫瘍)の原因として、ヨードの過剰摂取または摂取量不足、放射線被爆、遺伝、肥満があげられます。放射性物質の中で甲状腺に害を及ぼす「ヨウ素131」は、甲状腺に入ると直ちに甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続けるため、甲状腺の機能を低下させ、障害や癌などを引き起こすことになります。髄様癌については「RET遺伝子」の変異からなり、家族性に発症します。

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)の治療方法
甲状腺がん(甲状腺悪性腫瘍)の検査方法は、たくさんあります。やわらかい甲状腺をさわってみて、そこに明らかに硬い部分があるかどうか、そうした方法を利用するのがもっとも簡単な方法となっています。他にはレントゲンをとってみたり、超音波による検査をしてみたり、CTで判明することすらあります。血液検査のときに腫瘍マーカーがでる場合もあります。良性か悪性かについては、実際には針をさして細胞を採取する方法が一般的です。

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

甲状腺がん (甲状腺悪性腫瘍)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ