慢性前立腺炎マンセイゼンリツセンエン

慢性前立腺炎はどんな病気?
慢性前立腺炎とは、前立腺の炎症が慢性的に続いている状態で、全男性の25~50%が、一生に一度は前立腺炎の症状を経験するといわれるほど、とてもなりやすい疾患です。症状としては、陰部の鈍痛や不快感、また頻尿や排尿痛、残尿感などの排尿に関するものや、射精の前後の疼痛などもあります。治療としては、大量の水分をとり、前立腺の病変部を洗い流したり、腸の調子を整えたりします。

慢性前立腺炎の症状
下半身の部位の前立腺の炎症である慢性前立腺炎の症状は以下のようなものがあげられます。まずは尿道に感じる不快感です。尿意を催したときや尿を行った後に前立腺のあたりに傷みや違和感を感じる場合があります。他にも下腹部の痛みがある場合があります。突然の慢性的な痛みを下腹部に感じるようになります。他には射精後にしびれや痛みを感じるパターンもあります。

慢性前立腺炎の原因
慢性前立腺炎はいくつかの原因が複合的にあわさって発症します。それは以下のものがあげられます。まず現時点では確実に一つの細菌であると特定することは困難です、しかしながら推測されているのはマイコプラズマやジェニタタリウム等の編成細胞内寄生体が主な理由ではないかと言われ始めていますが、それだけでなく尿の物理的刺激が理由とも言われています。

慢性前立腺炎の検査と診断
一般的な慢性前立腺炎の検査をする方法にはいくつかの手法があります、現在の患者さんの痛みの状況や検査キットの有無などでどの検査方法を選ぶかは医師の判断に委ねられています。その方法として最も一般的なのは尿検査です、尿検査によって尿内にある細菌を調べて感染症が発生しているのかどうかを調べることが可能です。これによって炎症が起こっているのか把握できます。

慢性前立腺炎の治療方法
慢性前立腺炎の治療法については、原因になっている尿中の細菌の種類を調べて、この細菌に対して有効な抗生剤の投与を行います。慢性細菌性前立腺炎の場合、内服薬による抗菌薬治療を4週間から6週間続けます。炎症性慢性骨盤内疼痛症候群の場合、2週間から4週間、抗菌薬の治療を行います。前立腺に存在を洗い流すために水分を多く取ります。

慢性前立腺炎の初診に適した診療科目

慢性前立腺炎の専門外来

慢性前立腺炎の専門医

関連部位から他の病名を探す

慢性前立腺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ