ライター病ライタービョウ

【ライター病はどんな病気?】
ライター病は尿道炎、結膜炎、多発性関節炎を主な症状とする病態であり、これに加えて皮膚症状である手掌足底における角化性紅斑を出現させる疾患です。若い男性に多く見られますが、強直性関節炎、淋菌及び非淋菌性尿道感染症、関節症性感染との鑑別を要します。

【原因】
シゲラ、クラミジア、エルシニア、サルモネラ感染がライター病の主な原因となります。

【治療法】
ライター病では免疫抑制薬や抗生物質などを用います。抗生物質では、テトラサイクリンやドキシサイクリン、エリスロマイシンなどが投与されます。

ライター病の初診に適した診療科目

ライター病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ