慢性関節リウマチマンセイカンセツリウマチ

慢性関節リウマチでは、全身の関節に炎症が起こることが知られていますが、初期の頃には関節以外の症状、倦怠感、食欲不振、体重減少、発熱といったものがみられます。その後、朝の手足のこわばり、手指関節の炎症が現れてきます。さらには、全身の関節痛、腫れ、こわばり、しびれなども現れてきます。 関節痛は、左右対称性(例:右手が痛い場合は、左手も痛くなる)になって現れることも慢性関節リウマチの特徴的な症状の一つです。そして、最終的に関節の変形も起こって、日常生活にも支障が出てきます。 慢性関節リウマチの症状は、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、徐々に悪化していくので、精神的な要因も大きく関係してきます。 慢性関節リウマチは、全身の関節に炎症が起きるだけでなく、様々な合併症を伴いやすい病気です。これらの合併症を早期に発見し治療するためには、ちょっとした症状の変化を見逃さず、また、定期的な診察と検査を受けることが大切です。

慢性関節リウマチの初診に適した診療科目

慢性関節リウマチの専門外来

慢性関節リウマチの専門医

慢性関節リウマチに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ