結節性多発動脈炎ケッセツセイタハツドウミャクエン

結節性多発動脈炎はどんな病気?
結節性多発動脈炎とは全身性の炎症性疾患で、古くから知られている代表的な疾患で血管炎の1つです。明確な原因は未だ不明ですが、血管に炎症が起こる慢性疾患です。血管は人体の全身に分布していますので、必然的に全身疾患なっていきます。基本的にステロイドでの治療がなされますが、生死に関わる様な病気なので早めうちに効果が無いと判断されれば免疫抑制剤の投与も行います。

結節性多発動脈炎の症状
結節性多発動脈炎の症状は、病変が起きやすい起きにくい臓器はありますが、根本的には中小動脈があるところならばどこにでも血管炎が起きます。腎病変に基づいて高血圧が高頻度に見られたり、末梢神経障害、血便や消化管潰瘍、心筋梗塞、筋肉痛、 網状皮斑、皮膚潰瘍、紫斑、結節性紅斑、黒内障と病変が起きる場所により、軽度のものから命の危険になるものまで多彩です。

結節性多発動脈炎の原因
結節性多発動脈炎とは血管炎の一つで体全体に起こる炎症性の疾患です。原因はいまだ不明で、B型肝炎ウイルスやヘアリーぜル白血病などが考えられているがどちらもあっていないことが多いです。高血圧や斑点ができたり神経障害が起きたりします。診断はいくつかの症状が当てはまるかどうかで診断します。治療はステロイドを使用しようし、高血圧の場合はACE阻害薬を使います。

結節性多発動脈炎の検査と診断
結節性多発動脈炎の検査方法は、血液検査では、白血球数増加、血小板増加、CRP高値、血沈の亢進を検査します。尿検査では、淡白、血尿が出ているのかを検査します。放射線画像によって、血管壁の動脈瘤があるか確認し、血管生研によって、臓器障害部位の中枢にフィブリノイド変性と炎症性細胞浸潤といった病変があるかどうかを診て、総合的な要素によって判断していきます。

結節性多発動脈炎の治療方法
結節性多発動脈炎の治療法は、薬物の投与などによって行われます。始めにはステロイドパルス療法を実施し、続いて経口ステロイドを投与します。さらに、シクロホスファミドを点滴していきます。病状が回復すると共に、経口ステロイドの量を減らしていきます。また、併発する疾患に対して、血液透析や腸切除といったような施術が必要になる場合もあります。

結節性多発動脈炎の初診に適した診療科目

結節性多発動脈炎の専門外来

結節性多発動脈炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ