真性赤血球増加症 (多血症)シンセイセッケッキュウゾウカショウ(

真性赤血球増加症 (多血症)はどんな病気?
真性赤血球増加症(多血症)とは、血液細胞の中で、赤血球の量が増加する病気ですが特に症状はないことが多いです。健康診断で、血液検査をした後赤血球の量が増えていると指摘される事があります。たまに、赤ら顔、のぼせ、めまい、しびれなどの症状が出ることがありますが無症状のまま過ぎて行くこともあり、特に危険はないとされていますが、体重の増加、高血圧などには注意しておく必要があります。


真性赤血球増加症 (多血症)の症状
真性赤血球増加症(多血症)とは、血液細胞の中で、赤血球の量が増加する病気ですが特に症状はないことが多いです。健康診断で、血液検査をした後赤血球の量が増えていると指摘される事があります。たまに、赤ら顔、のぼせ、めまい、しびれなどの症状が出ることがありますが無症状のまま過ぎて行くこともあり、特に危険はないとされていますが、体重の増加、高血圧などには注意しておく必要があります。

真性赤血球増加症 (多血症)の原因
真性赤血球増加症(多血症)というのは、ヘモグロビンや赤血球の量が基準値より多いことです。原因としては、脱水で体の水分が減少したことによって、赤血球の量が相対的に増加する場合があります。他には、遺伝子の変異が起こり血球が異常に増殖することなどがあります。高い酸素濃度が低い山地などで生活することによってもその症状が発症する可能性があります。注意が必要です。

真性赤血球増加症 (多血症)の検査と診断
真性赤血球増加症(多血症)は、その検査方法として血液検査があり、この血液検査で赤血球の数が著しく増加していると認められた場合にこの病気が発覚するのです。血液検査によって、白血球・血小板が増加していたり、血液中のビタミンB12の量が増加している・赤血球の数を増やす物質であるエリスロポエチン濃度が低下しているといったことからもこの病気が発覚します。さらに詳細な検査としては、循環赤血球量を測定することです。

真性赤血球増加症 (多血症)の治療方法
真性赤血球増加症(多血症)は、その検査方法として血液検査があり、この血液検査で赤血球の数が著しく増加していると認められた場合にこの病気が発覚するのです。血液検査によって、白血球・血小板が増加していたり、血液中のビタミンB12の量が増加している・赤血球の数を増やす物質であるエリスロポエチン濃度が低下しているといったことからもこの病気が発覚します。さらに詳細な検査としては、循環赤血球量を測定することです。

真性赤血球増加症 (多血症)の初診に適した診療科目

真性赤血球増加症 (多血症)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ